高杉晋作の葬儀

高杉晋作葬儀は、
白石正一郎奇兵隊幹部と話し合い取り仕切りました。
下記は白石正一郎の作った「谷東行主神葬略式」。

丁卯四月十六日    谷東行主神葬略式
一忌の事  親の喪夫の喪は、妻子たる者ハ其日より
      酒肉をたち慎むべし葬の時葬地にゆく道中徒跣の事、
      寒中たりとも足袋を用ぶべからず
      すべて忌ある人々は、皆すあしの事 
一忌の事  親族の喪中は、妻子はその日より酒や肉を絶ち慎む。
      葬儀の際は、道中は徒歩。寒中でも足袋を用いない。
      すべての参列者は皆、素足の事。

一棺    吉田迄の道中ハ病気の体、吉田着の上旅宿にて
      神祭の事但し、馬関を夜に入はやく出立、
      凡四ツ頃吉田着、直様其夜葬ふるべし
棺    吉田までの道中は神妙な雰囲気で、
      吉田の旅宿で神祭を行う。馬関を暗くなって出発。
      晩十時頃に吉田に着き、その夜葬る。
一神祭用具の事 先ツ棺のうしろに屏風にても立廻シ、
      前の方に机一脚長サ凡一尺居ヱオキ、
      此上に献供の三方ヲ五ツならぶる事、
      献供の品ハ
      ・御酒一対・野菜物・海草類・御菓子類
      但し、時の木の実に干菓子ヲ取合セ可然か
一神祭用具の事 前の棺の後ろ側に屏風を置き、
      前方に机を一脚。長さはおよそ30cmに据え置き、
      この上に献供の三方を5つ並べる。
      献供の品は 

      ・御酒一対・野菜・海草類・御菓子など
      ただし、旬の木の実には干菓子を合わせて然るべきか

一     右の机前に、又壱ツ小キ机を居ヱおきて、
      真中に神主イハイ・香炉・香合・両脇に花瓶二ツ、
      灯明二ツおくべし 但し、灯明ハ野辺に持ちゆき、
      風にきえぬやうに、かねてあんどんを用ひおくべし、
      花は榊を用ひ候事
     右の机の前にもうひとつ小机を据え置き、
      真ん中に神主位牌・香炉・香合・両脇に花瓶二つ、
      灯明二つおく。ただし、灯明は野辺に持ってゆくから、
      風に消えぬようにあらかじめ行燈を用意しておく事。

      花は榊を用いる事。
一     献供相済、親子兄弟ヲ始用夫迄、順々焼香すべし。
      但し、各手を柏ち拝し、丁寧に致すべし
     献供が済んだら親子兄弟を始め用夫まで、順々に焼香する
      ただし、各自、拍手や礼を丁寧に致す事。
一  此時出たちとして親子始其外へも一統に膳を居ヱ候事。
      但し、平皿汁とも手軽にして魚肉用ふべからず、
      勿論無酒の事
一     この時の出立ちの膳として、親族その他へ膳を居える事。
      ただし、平皿・汁とも手軽にして魚や肉を用いないように、
      もちろん酒も無し。
一     右相済時刻見合せ、凡夜半頃葬送の事
一     すべて済ませて時刻を見合せ、夜半頃に埋葬する事。
一     是ヨリ先キ、葬地にて土地の神を祭るべし
      但し、通例の清浄なる机か、又は八足にても用意し、
      ○神酒○洗米○肴類供すべし、魚ハ干魚にてもよろし、
      是ハ死骸を埋メ土地を穢すゆゑに、
      其御断りを申す心得なり、
      勿論忌服なき者祝詞を白し祭るなり
一     是より先、埋葬地にて土地の神を祭ように。
      但し、通例の清浄なる机、又は八足台を用意し、
      ○神酒○洗米○肴類を供える。魚は干物でも良い。
      これは死骸を埋め土地を汚すため、
      そのおことわりを申す意味。
      もちろん服喪ではない者が、祝詞を申し祀る事。

旅宿ヨリ葬地迄の行列
一 大松明二ツ 但し、棺の前凡五六間程おきて左右也
一 大松明二つ ただし、棺の前およそ五~六間おいて左右に配置。
一 箒持二人  但し、棺のまえ凡そ弐間程おきて同断
一 ホウキ持ち二人 ただし、棺の前おおよそ二間おいて左右に配置。
一 棺     但し、棺舁四人各白木綿無紋のはつぴ着用
一 棺     ただし、棺担ぎ四人各白木綿の無紋のハッピ着用。
一 机一脚   但し、先に旅宿にて用ひ候小き方、其侭持参の事、
        位牌、香炉、香合、花立、灯明等、其侭持行也
一 机一脚   ただし、先に旅宿で使用するような小さいもの。
        位牌、香炉、香合、花立、灯明なども持って行く。

一 三方 壱ツ 供膳用、但し、葬地ニて右の机の上へニ置べし
        ○洗米○塩○野菜の類、又ハ干物類ニても可然候、
        各かハらけの少し大き分に盛てよろし、五品程にて可然致か
一 三方 一つ 供膳用、ただし、埋葬地にて右の机の上へ置く。
        ○洗米○塩○野菜の類、または干物類を適当に。
        それらを少し多めに盛る。五品ほどが適当か。

一 鎗・挟・箱・合羽・籠等、此処に行列すべし
一 鎗・挟・箱・合羽・籠等、一緒に行列する事。
一 大松明 二ツ 但し、右道具持ヨリ凡三間程おきて左右
一 大松明 二つ ただし、右道具持よりおよそ三間おいて左右に配置。
一 親類其外惣供 但し親・妻・子・血つゞきの者ハ、
  婦人たり共葬地迄ゆくべし
一 親類その他参列者 ただし親・妻・子・血縁の者は、
  婦人も葬地までゆくべし
一 壙の深サ凡六尺、葬地壙の前の方、手広く致し置べし、
  是ハ前以用意之事
一 穴の深さは約180㎝。墓穴の前面に、葬具を配置する。
  これは前もって用意。
一 壙の前の方に、荒こも三四枚敷ならべ、其上に棺及供物の机などすゑ置、
  其まへの方のあらこものうへにて、祭主 祝詞をよミ祝詞をハりて親子・
  妻・兄弟順々に焼香・拍手・拝礼の事
一 穴の前面に荒菰を三~四枚敷き並べ、その上に棺や供物の机など据え置き、
  その前面の荒菰の上にて、祭主が祝詞を読み祝詞を張って、親子・妻・
  兄弟順々に焼香・拍手・拝礼をする事。

一 焼香相済、棺をしづかに壙中におろし埋メ候事 
  但し、埋メをハりて又銘々焼香まへの如し 埋メをハり焼香相済、
  銘々帰宿の時、 一統一揖して静かにすべし、
  其時おもく忌のかゝる人を守護し、家に持ちかへり、机の上に
  すゑおき、存生の中の如毎日供膳、神酒・菓子・魚類、
  すべて何にても珍らしき物を奉るべし、
  五十日の間ハ昼夜灯明あかしおく也其後ハ、
  毎年春秋両度に祭奉仕すべし、勿論其月・其日にあたれる時ハ、
  子たるもの前日より酒肉を禁ずべし
一 焼香が済んで、棺を静かに穴へ降ろし埋める事。
  ただし、埋めた後も皆焼香前の様に。埋め終わり焼香も済み、
  皆帰宿の時は、会釈して静かにする事。
  その時、親族を守護し、家につれて帰り、位牌を机の上に
  据え置き、生前の様に毎日供膳、神酒・菓子・魚類、

  すべて何にても珍しい物を奉る事。
  五十日の間は、昼夜灯明を点けておく事。
  毎年春秋二度祭を奉仕する。もちろん月命日に当たる日は、
  子である者は、前日より酒肉を禁じる。

なんとなく葬儀の様子が伝わりますね。
例の如く現代語訳は僕がしてるので、
間違ったところはご愛嬌で。

■関連記事■
奇兵隊の吉田転陣
 長州藩内だからといって簡単には物事は運ばないもの。
カエルを食べたかった晋作
 晋作が吉田の奇兵隊陣屋を視察した際の出来事。
山縣の結婚式の日に晋作が危篤となる
 それはそれで忘れられない結婚式にはなったでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。