カエルを食べたかった晋作

高杉晋作の好物といえば「」。
妻のや愛人のうのが、
鯛のあら煮長州鮨鯛の刺身鯛の塩煮など、
鯛に関するものを挙げていますので、
相当鯛が好きだったと想像できます。

自筆の日記や手紙などが多く残されている晋作ですが、
食べ物に関してはほとんど記述がなく、
雅も「衣食住に対して頗る淡泊であった」と回想するように、
」というものにあまり関心が無かったのか?
それともやはり武士たるもの・・という感じで、
食物にとやかく言うのはみっともないという事でしょうか?

下関を拠点としていた晋作ですが、
フグに関しての接点もあまり見られない。
鯛が好きならフグも嫌いではないような気もしますが、
資料が無いのでフグを食べていたかは判りません。
白石正一郎が「ふくニて一酌」が大好きだったので、
(記事はこちら
白石家で振舞われないはずはないのですが、
師の吉田松蔭がフグ食を批判してたので、
食べなかったってのも十分に考えられます。
フグに限らず鯛も下関でよく取れる魚ですけどね。

そんな晋作に、アマガエルを食べようとした逸話があります。

奇兵隊吉田に陣屋を構え、拠点として日々整備がされていた頃、
晋作が吉田に視察に訪れました。
その頃の総督山内梅三郎や軍監山縣狂介(有朋)は、
晋作を連れて吉田周辺の奇兵隊関連施設を案内しています。

一行が遠馬を終えた帰路、森永という肴屋に立ち寄り、
宴会を行うこととなりました。
山縣は炊事場のおりんさんという女性に声をかけ、
この中に蓮台寺の池の肴を入れてあるから料理してくれ
と言って重箱を手渡します。
この日の遠馬に持っていった弁当はこの肴屋が作ったようで、
晋作はその弁当が気に入っていたと山縣は伝えました。

うれしく思ったおりんさんは、重箱を開けてみると、
中にはコイやフナではなくアマガエル!
驚いたおりんさんは、
こんな悪戯をするのは高杉さんに違いないと、
晋作の許へ行って詰め寄ります。晋作はあわてて、
おりんさん。あの重箱の雨蛙。あれを今日は料理しておくれ
と真剣に言いますが、おりんさんには通じない。

実は晋作の上海渡航時の話が遠馬中に話題となり、
夷人達がカエルを食用としている噂があるということなので、
では雨蛙を取って食べてみようという事になっていました。

おりんさんはその話を聞いても納得せず、
ご冗談はかり・・あれは背戸川に捨てました」と言ったので、
晋作はとても残念がったという。

・・とまあこんな話なのですが、
奇兵隊開闢総督で藩の重鎮である晋作を、
現総督や軍監が接待してる様子と、
その重鎮である晋作に詰め寄るおりんさん。
こんな悪戯をするのは高杉さんに違いないという発想・・。
庶民は晋作をどういう風に思っていたのやら。

中間出身の山縣はともかく、山内梅三郎は寄組士ですが、
アマガエルを食べようなんてよく同意したものです。
開闢総督が言うんじゃ仕方ないと思ったのかな?

夷人達が食用としたというカエルは、
ウシガエルのような大きなカエルだったでしょうし、
あの小さなアマガエルを食べてみようとは、
なんともチャレンジャーですねぇ。

■関連記事■
奇兵隊の吉田転陣
 長州藩内だからといって簡単には物事は運ばないもの。
山縣の結婚式の日に晋作が危篤となる
 それはそれで忘れられない結婚式にはなったでしょう。
高杉晋作の葬儀
 晋作の葬儀は白石正一郎が取り仕切りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。