山縣の結婚式の日に晋作が危篤となる

慶応3年4月。山縣狂介(有朋)は、
湯玉の庄屋石川良平の長女お友と婚礼を行いました。
※石川良平は後に下関市長となっています。

婚礼は4月11日より始まり、
12日には宴が開かれました。
婚礼の場所は正確には判っていませんが、
下関でも吉田でも無い場所なので、
石川良平宅ではないかと思われます。

その石川良平宅の場所はイマイチよくわからない。

豊浦町史二「宇賀の今昔」に地図が載っていますが、
このあたりというだけしかわかりません。
追記:後に調べたら場所の特定が出来ました。
   下関市豊浦町湯玉 庄屋石川邸跡

さて、福田侠平石川小五郎入江和作時山直八
交野十郎杉山正一郎南野市郎等が祝いに駆けつけ、
終夜を通じてどんちゃん騒ぎ。

ところが夜半頃、下関より飛脚がやって来て、
高杉東行殿病気重々最早活露更々無
※最早活露更々無(もはや活路さらさら無い)
と伝えられますが、
これを聞いてすぐに下関に飛んで行ってはいません。
朝になって山縣、福田は下関に向い、
時山らは吉田の奇兵隊屯所へ帰り、
石川は残って新郎不在の宴を続行したようです。

危篤の場に全員が行くわけには行かないし、
奇兵隊にこの事を知らせねばならない。
また結婚式を途中で止めるも縁起が悪いので、
トップ2人が下関に向かったという事でしょう。

しかし既に晋作は亡くなっており、
彼らは臨終に間に合いませんでした。

■関連記事■
奇兵隊の吉田転陣
 長州藩内だからといって簡単には物事は運ばないもの。
カエルを食べたかった晋作
 晋作が吉田の奇兵隊陣屋を視察した際の出来事。
高杉晋作の葬儀
 晋作の葬儀は白石正一郎が取り仕切りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。