奇兵隊の吉田転陣

下関市吉田には高杉晋作墓所の東行庵があり、
また奇兵隊陣屋跡もあります。
奇兵隊は結成以来各地に転陣していますが、
内訌戦で奇兵隊ら諸隊が勝利した後、
吉田に本陣を移すことになりました。
これには影響力を強める奇兵隊の発言力を、
中央から遠ざける為であったとされます。

この吉田の地は寄組士山内家の治める地で、
その転陣に先駆けて晋作と山縣狂介(有朋)が、
領主である山内家の屋敷に向かいます。

当時の当主は山内梅三郎通恂
幼くして当主である父を亡くし、
5歳で家督を継いだ17歳の少年で、
吉田や埴生周辺の4千石を領していました。
晋作と山縣は屋敷に訪れて梅三郎に面会。
奇兵隊は処々を転々としましたが、
 藩公の許しを得て吉田の諏訪に、

 定着したいと存じます。どうぞよろしく
と2人は梅三郎に告げます。

山内家家臣らはこれを聞いて押し黙りましたが、
宿老涌喜但馬は、
我ら主人は幼く前主を失った後は、
 ひたすら鍛錬を重ねてきました。
 しかし、この多難な難局を渡っていくには、
 容易なことではありません。
 前主ならお答えもできましょうが・・。
 藩公には先日まで直談で参っておりました。
 申された諏訪の地は分家の領地で、
 分家ともよく相談することとしますので、
 今日のところはお引取りください

と答えました。
晋作と山縣はそれを聞いて引き下がります。

その帰り道。2人が馬を進めていると、
鉄砲の音が2~3発して、続いて1発鳴った。
先頭の馬は飛び退いたようですが、
続く馬は落馬寸前だったという。
飛び退いた馬は晋作の馬で、
落馬寸前の馬に乗っていたのが山縣でしょう。
この襲撃は涌喜の指示によるもので、
襲撃者は山内家の諸隊正名団幹部笹尾卓馬
津田直人乃木四郎村井武雄らでしたが、
後に彼らは晋作の指揮下に入っています。
いきなり来て領地に屯所を置くなど、
 寄組山内家に対し無礼にもほどがある。

 ちょいと脅かしてやれ
といったところだったのでしょう。

しばらくして山内の屋敷では分家へ早馬を出し、
同行して萩を訪ねる準備をしていましたが、
そこへ再び晋作と山縣が現れる。
先日とは変わって慇懃に先日の無礼を詫び、
藩主の直書を渡すと、
是非相談なさって下さいと頭を下げます。
晋作と山縣は襲撃の後、無礼が過ぎたと反省し、
山内家に失礼の無いように正式な順序を追って、
藩主に直書を頂いたうえで再び訪問し、
奇兵隊を西の守りとする為、
ここが必要な事を丁寧に説明しました。
山内家でも長州藩の為になるならばと、
正式に萩に赴いて相談に伺うということになり、
晋作らは、
奇兵隊が吉田でお世話になるのであれば、
 総督は当主山内梅三郎殿にお願いしたい
と申し出ます。

その後は談笑となり、
山縣は自分はが苦手であるから、
良い師匠はいるだろうかと聞いたりしています。
※山縣は山内家の馬術師南山県玄蕃に師事し、
 後に馬術は上達しています
その後、山内梅三郎は奇兵隊総督となり、
奇兵隊の屯所は正式に吉田に決定しました。

■関連記事■
カエルを食べたかった晋作
 晋作が奇兵隊陣屋を視察した際の出来事。
山縣の結婚式の日に晋作が危篤となる
 忘れられない結婚式にはなったでしょう。
高杉晋作の葬儀
 葬儀は白石正一郎が取り仕切りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。