高杉晋作顕彰碑物語③(碑の概要)

つづき。
//③//////

かくして伊藤博文による碑文が完成したわけですが、
それだけでは顕彰碑ではありません。

碑石は遥か仙台で産出された紫金石が用いられますが、
現在は産出されない貴重な石でした。

蒙額(顕彰碑の題字)は毛利宗家当主毛利元昭
彼は書が得意で、他にも数々の石碑に書を書いており、
毛利宗家の当主で公爵という地位も、
晋作の顕彰碑の蒙額を担当するに申し分ない人物です。
贈正四位高杉君碑」と刻まれ 題字が元昭の書。


毛利元昭

揮毫(碑文の書)は杉聴雨杉孫七郎)。
吉田松陰の門下で、藩主の小姓を務め、
幕府の文久遣欧使節にも参加。
下関戦争の講和の際には、正史である晋作の補佐として、
渡辺内蔵太と共に副使として四ヶ国連合艦隊と交渉し、
維新後は山口藩権大参事を経て、宮内庁で活躍しました。
彼は最もこの顕彰事業で骨を折ったとされています。
書家としても著名。
※杉は「長州三筆」の一人(他は野村素軒長三洲)。
長州内訌戦では、最後まで軍事衝突に反対していましたが、
晋作という人を英雄とみなしていたようです。


杉聴雨(杉孫七郎)

撰文は先に書いたように伊藤博文。彼の撰文が遅れたため、
晋作の顕彰碑建立が遅れたわけですが、
その彼もすでにこの世にはいません。

顕彰碑は産地の仙台において制作。
船で輸送されて木屋川をさかのぼって荷揚げされ、
そこからはコロで運んだようです。
地元の青年団が紅白の引き綱を引いて運びました。

伊藤の撰文が完成してから2年後
晋作が死去してから45年後の明治44年5月20日。
吉田の清水山にて、高杉晋作顕彰碑の除幕式が開かれます。
先に完成された福田侠平の顕彰碑の隣に、
ひとまわり大きな石碑が堂々と建立されました。

この碑を囲む鉄柵は、なんと銃身が使われたようです。
元御楯隊士で「ビリケン宰相」の異名を持つ寺内正毅が、
伊藤の暗殺後に併合された朝鮮初代朝鮮総督になっており、
その彼の手配により造兵廠から払い下げされた銃身で、
奇兵隊が使用した歩兵銃のものでした。
その鉄柵には引き金も付いていたようです。
なんとも晋作の顕彰碑の鉄柵にふさわしいものでしたが、
残念ながら後年の太平洋戦争で供出されてしまいました。

↓こんなのが鉄柵になったようですが、どんな感じだったのでしょうね。

すでに谷梅処、伊藤博文は亡くなっており、
除幕式は生残った晋作の同志井上馨侯爵によって行われます。
東行庵の庵主は二代目の谷梅仙が継いでいました。

政界からの来賓をはじめ、数千人の参列者が集まり、
小月駅から東行庵まで、人力車が絶え間なく連なったされます。
そして、この高杉晋作顕彰碑除幕式において、
井上馨による2時間に及ぶ大演説が繰り広げられるのでした。

つづき。
//③//////

■関連記事■
防府市 毛利博物館
 毛利宗家当主毛利元昭は、東京ではなく山口県に在住しました。
美祢市 大田絵堂(諸隊本陣 光明寺と金麗社)
 金麗社の境内に杉孫七郎の詩碑かあります。
防府市 西山塾跡
 寺内正毅は大楽源太郎の門下。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。