防府市 西山塾跡

慶応2年、大楽源太郎は防府大道上り熊という場所に、
西山塾(西山書屋)」という私塾を開設します。

高杉晋作功山寺挙兵によって長州は内訌戦に移行。
大楽も防府宮市忠憤隊を組織して参戦しました。
この内訌戦の末に正義派政権が誕生し、
慶応2年の幕長戦争へと進むわけですが、
そんな大事な時期に大楽は故郷で私塾を開いています。

この理由ははっきりしないのですが、
推測するになんらかの意見の食い違いがあって、
大楽が抜けたのか外されたのだと思います。
司馬遼太郎は晋作らに軽んじられて、
故郷に帰らされたとしていますが、
もちろん司馬の想像でしかなく、真相は不明。

とにかく長州藩の大事な時期に抜けて、
奥州出かけて米沢村松に遊説。
結果は出せずに帰郷して、宮市の料亭の娘りちを娶り、
大道で私塾を開きました。

西山塾の跡には碑が建てられていますが、
現在は個人所有の庭のようです。

跡碑の場所へ行くためには、
個人宅の敷地内を通らなければなりません。
ネットなどからの情報で、
挨拶すれは気持ちよく通して頂けるとのこと。
当日は声を掛けたのですが留守のようでしたので、
失礼ながら勝手に通らせていただきました。


西山塾跡之碑」。
西山塾は結構大きな規模の塾だったようで、
門弟は百数十人を超えた時期があったという。
主に水戸学日本外史などの国学論語が教えられ、
門弟達の多くが攘夷、国粋主義的な思想を持つに至り、
これが神代直人団伸二郎ら狂信的攘夷論者を育てました。
彼ら反骨の士が目立ってしまいますが、
後の内閣総理大臣である寺内正毅や歴代の大道村長など、
まともで優秀な門弟ももちろんいました。

明治2年、神代ら門弟が大村益次郎を暗殺すると、
大楽は首謀者と疑われて幽閉され塾は閉鎖しています。

■関連記事■
福岡県久留米市 遍照院(高山彦九郎墓所)
 大楽は久留米で暗殺されました。
防府市 大楽源太郎墓所
 防府にある大楽の墓所。
防府市 繁枝神社(大楽先生之碑)
 大楽の顕彰碑がある神社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。