防府市 繁枝神社(大楽先生之碑)

山口県防府市に営業に行ったので、
大楽源太郎の関連史跡に何件か行ってみます。
当日は残念ながらが降っていました。

大楽源太郎という人物は、神代直人の師だった事もあり、
狂信的攘夷論者の親玉というイメージでしたが、
吉田松陰より2歳下で、桂小五郎より1歳上と意外と若い。
※松蔭より4歳下、桂より1歳下の説も。
久坂玄瑞ら松蔭門下や赤禰武人とも交友しており、
禁門の変長州内訌戦にも参加している志士のひとりでした。
彼が他の長州志士らと一線を画すのは、
攘夷を捨てずに国粋主義を貫いた事でしょう。

勤皇・尊皇を貫いた先は倒幕に行き着くわけですが、
幕府を倒すには諸外国武器や戦法を利用する必要があり、
必然的に攘夷を捨てざるをえません。
また諸外国から日本を守るためには、外国の技術を取り入れて、
諸外国に対抗できる力を得なければなりません。
国粋主義的に攘夷を考えていた者達からすれば納得がいかない。
アヘン戦争不平等条約などの情勢から、
これはマズイなぁ・・と攘夷を主張した者と、
外国人が日本の地に足を踏み入れる?けしからん!と、
攘夷を主張した者では根本的に違うわけです。
幕府けしからん」って言ってる間は共闘できるのですが、
軍備揃えて、さあ!倒幕だ~って段階で、
いやいや日本人なら刀と槍だろ?って言う人がいたら、
周りから疎んじられるわけです。
ロックバンドが売れるために色々頑張ってきて、
もっと売れるためにラップを取り入れようと話になって、
いやいやロックバンドなんだからロック一本でやろうぜと、
意見の食い違いが発生して解散・脱退するのと一緒です。
やはりそういう連中は大楽に限らず居たわけで、
河上彦斎なんかもそういう類でしょう。

明治の近代化が最高に良かったとは思えませんので、
大楽や河上が間違っていたわけではないでしょうが、
あまりにも寛容性が無かった。
佐久間象山大村益次郎ら逸材を失う結果となったのは、
日本にとって大きな損失だった事でしょう。

その大楽源太郎の顕彰碑が繁枝神社にあります。


繁枝神社」。
飛鳥時代創建の地元鎮守として尊崇されている神社で、
かつて繁枝八幡宮と呼ばれていましたが、
明治期に周辺神社6社と合祀して繁枝神社と改称しています。


大楽先生之碑」。
門人であり総理大臣にもなった寺内正毅らが建立した碑。
大楽は慶応2年に私塾を開いて子弟の教育を行いましたが、
この門人らに大村益次郎を暗殺した神代直人、団紳二郎らがおり、
脱退騒動を起こした奇兵隊士の中にも多くの門人がいたという。
彼ら反骨の者達の師というイメージが大楽につきまとい、
本人も大村暗殺、脱退騒動の首謀者の容疑を掛けられ、
二卿事件にも関与した事から、狂信的攘夷論者と思われていますが、
勝海舟曰く「話せる男」だったという。
勝は会った事も無い人物も色々と評価しているし、
多分に盛っている事も多いので信憑性は低いですが、
その話が的を外している事はあまりありません。
大楽を殺害した久留米藩士達は、首級に酒を添えて泣いたとされ、
彼らは大楽の墓の隣に墓を建てて欲しいと遺言しています。
これらの事から人に慕われた人物であろう事がわかり、
司馬遼太郎も大楽をよくわからないと評しており、
文献などには残らない何かがあったのかもしれませんね。

■関連記事■
福岡県久留米市 遍照院(高山彦九郎墓所)
 大楽は久留米で暗殺されました。
防府市 大楽源太郎墓所
 防府にある大楽の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。