防府市 大楽源太郎墓所

大道から秋保に向かう県道25号線に平行に走る小道に、
大楽源太郎の墓所への入り口があります。


大楽源太郎先生墓所入口」。
これ行けるの?というけもの道のような入口。
奥もずっとけもの道のようになっていますが、
迷わずにたどり着けます。


少し行くと3つの墓石が並ぶ場所が現れますが、
そのひとつが大楽源太郎の墓。

大楽奥年夫婦之墓」。
大楽源太郎は久留米藩で殺害されており、
遺骸は久留米の遍照院に葬られていますので、
供養墓ということになりますが、
りちは葬られているようです。
他の2つのうちひとつは大楽家累代の墓ですが、
もうひとつの墓はよくわからない。
時習斎重保と、山縣宗玄という人の墓らしいのですが、
これらの人物は調べてもわからない。
門人建之」と刻まれていますので、
何らかの先生だったようです。
大楽の師である月性の「時習館」と関連ありそうですが、
たまたまかもしれません。

大楽は寄組士児玉若狭の家臣山縣信七郎の長男でしたが、
同児玉家家臣大楽助兵衛の養子となりました。
萩では吉松淳蔵の私塾で漢学を習っていますが、
そこでは久坂玄瑞高杉晋作なども学んでいますので、
2人とは旧知であったと思われます。
後に実家の山縣家と共に防府大道村へ移転し、
右田の儒学者大田稲香学文堂に数年通い、
柳井の勤皇僧月性の門下となりました。
安政2年には月性と共に上京し、頼三樹三郎の家に寄宿。
頼の紹介で江戸の勤皇学者桜任蔵の講義を受けていますが、
月性の急死の報を聞いて一時帰国します。

再び京に戻ると梅田雲浜に師事。
同門下の赤禰武人らと尊皇攘夷運動を行いますが、
安政の大獄によって師の雲浜が捕らえられてしまう。
これを救出しようとして捕吏から追われますが、
長州へ逃げて藩より幽閉処分を受けています。
その後、密かに水戸へ赴き、斎藤監物と大老暗殺を計画しますが、
事前に藩に察知されて連れ戻され、再び幽閉されてしまいました。

桜田門外の変が発生して大老井伊直弼が暗殺され、
下火となっていた尊皇攘夷運動が再び活発となり、
大楽も許された後に京で活動。
松下村塾門下らや他藩志士らと行動を共にしますが、
何らかの理由で帰国させられてしまいます。
すぐに藩命で加藤有隣と共に京都へ戻りましたが、
八月十八日の政変によって長州藩は京から追放。
大楽は帰国せずに冷泉為恭暗殺事件を起こしています。

その後、禁門の変では山崎隊の書記として参戦。
長州藩の敗北によって帰郷しましたが、
高杉晋作が功山寺で挙兵し、諸隊が次々に呼応すると、
大楽も忠憤隊を組織してこれに参戦します。
俗論党を打倒した後は、隊を離れて大道で私塾を開き、
幕長戦争戊辰戦争には参加していません。

維新後、急激な西洋化が進み、
特に軍制改革を主導する大村益次郎が武士達の反感を買い、
京都で刺客に襲われて重症を負い、2ヵ月後に死亡します。
大村を襲った刺客は、大楽の門下が中心となっていた為、
首謀者の嫌疑が掛けられて主君児玉若狭より幽閉されました。
これによって塾は閉鎖となります。

長州藩の兵制改革によって諸隊に解散が命じられ、
それを不服とした奇兵隊などの諸隊士が脱走。
三田尻に集結して藩庁を取り囲みます。
この事件でも大楽は首謀者と疑われた為、
ひそかに脱出して高田源兵衛(河上彦斎)に匿われ、
その後久留米藩の応変隊に匿われました。
応変隊は未だ攘夷思想が根強く、
幹部らは大楽を歓迎しています。

攘夷派公卿の愛宕通旭外山光輔は、
政府転覆を謀ったクーデターを計画しましたが、
そのメンバーと大楽とは連絡を取り合っていました。
その計画が政府に察知され、藩知事有馬頼咸は幽閉。
熊本藩兵が久留米城を接収する事態となります。
藩主が幽閉され、政府の厳しい追求を受けた応変隊は、
藩の存亡も危い状態となり、大楽を斬る事を決意。
川島澄之助吉田足穂大田茂松村雄之進柳瀬三郎の5人は、
大楽と弟の山縣源吾、門弟の小野新、従僕の村上要吉を誘い出し、
4人は筑後川の河原で惨殺されました。

久留米の遍照院にある大楽ら4人の合葬墓には、
耿介四士之墓」となっています。
耿介は「堅く節操を守り、俗世間にまじわらないさま」の意で、
まさに大楽源太郎のような者達の為の言葉といえるでしょう。

■関連記事■
福岡県久留米市 遍照院(高山彦九郎墓所)
 久留米で殺された大楽ら4名の合葬墓。
防府市 繁枝神社(大楽先生之碑)
 大楽の顕彰碑がある神社。
防府市 西山塾跡
 大楽の開いた私塾。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。