福岡県久留米市 遍照院(高山彦九郎墓所)

高山彦九郎は、幕末より少し前の勤皇思想家です。
京都三条大橋東詰の土下座(正確には皇居望拝)した銅像で有名。

高山は孝明天皇の2代前の光格天皇の時代、
尊号一件と呼ばれる事件で、朝廷と幕府が対立した際に、
九州を拠点に同志を募りますが、久留米で謎の自刃を遂げます。
その彦九郎の眠る墓が遍照院にあります。


光明山遍照院」。
彦九郎は幕府から執拗な監視を受けており、
その圧力から死に至ったとも、世を憂いての自刃ともされます。
最後期にはほとんど狂気に近かったという。


贈正四位高山正之先生」胸像。
京都の土下座の銅像とは、イメージが違いますね。
京都で土下座(皇居望拝)したのは18歳頃の事。
この像は晩年の彦九郎でしょう。


一音和尚の墓」。
胸像の隣にあります。
一音和尚は彦九郎を引導(介錯)した高僧だそうです。


高山彦九郎先生之墓」。
墓石はそんなに大きいものではありませんが、
前方に立派ながあり、さすが勤皇の先駆者といったところでしょうか。
久坂玄瑞は文久2年2月にここを訪れ、墓石をスケッチしています。

墓はこの他、出身の群馬県太田市細谷町に遺髪墓があり、
吉田松陰高杉晋作久坂玄瑞、中岡慎太郎等が訪ねています。


耿介四士之墓」と四士の殺害した3人の墓
奇兵隊脱退騒動の余波で長州を落ち延びた大楽源太郎ら4名は、
新政府に非協力的であった久留米藩を頼ります。
久留米藩は、はじめ大楽らを保護していましたが、
新政府からの圧力を受けて、大楽らの誅殺してしまいました。
この「耿介四士之墓」は、直接殺害に関与した3名らが建立したもの。
殺された者」の墓と「殺した者」の墓が隣同士というのも珍しい。
大楽の誅殺が止むを得ないもので、志は同じであったということでしょうか?


辛未遭難志士之墓」と「志士西道俊墓」。
「辛未遭難志士之墓」は、大楽に呼応した久留米藩士の5名の墓。
久留米藩は大政奉還後、尊皇攘夷派が実権を握っており、
開国路線を行く新政府に反発を持っていたので、
新政府転覆を図ろうとした志士が多かったようです。
西道俊は彦九郎を訪ねて久留米に来た同志で、
彦九郎の死を知って墓前にて殉死した人物。
墓の形状から「ひょうたん墓」と呼ばれています。


遍照院から高山彦九郎終焉の地へ向かいます。
彦九郎は同志の森嘉膳宅に身を寄せており、そこで自害しました。


高山彦九郎先生終焉之地」。
儒医森嘉膳宅跡地で、現在は饅頭塚や石碑、説明板などが設置されています。

高山の死後、その思想や行動などが伝えられ、
幕末の志士達に大きく影響を与えました。
高山彦九郎の戒名は「松陰以白居士」。
吉田松陰は、会沢正志斎が著した「高山彦九郎伝」で、
高山彦九郎の存在を知ります。
自分の号を彦九郎の戒名からちなんだことも、
その影響力のほどが伺えますね。

■関連記事■
防府市 大楽源太郎墓所
 防府にある大楽源太郎の墓。
福岡県久留米市 山川招魂社
 高山彦九郎が主祭神。
防府市 繁枝神社(大楽先生之碑)
 大楽源太郎の顕彰碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。