高杉晋作顕彰碑物語④(井上馨の演説1)

つづき。
///④/////

伊藤博文の「動けば・・」の原文や訳は、
沢山のHPやブログに掲載されていますが、
井上馨の演説の内容をネットで観たことがないので、
大変ではありますが、全文掲載してみようと思います。

45年前に死んだ晋作の顕彰碑除幕式において、
青春時代に死生を共にした友を思い出したのか、
井上は2時間にも及ぶ声涙共に下る大演説を響かせました。
共に晋作を偲ぶ筈のもう一人の戦友伊藤博文も、
今は帰らぬ人となっており、一人残された井上は、
この式典に何を思ったのでしょう。


式典に参加した人々は、井上の演説に感激しますが、
熱が入りすぎて長々と続けた為に、卒倒者が続出。
式典のために用意されていた救護班が、
卒倒者の介護や運搬に、大忙しだったと伝えられます。

—————————————————–
贈正四位高杉晋作先生の建碑除幕式式場に於いて
(明治四十四年五月二十日 山口県厚狭郡吉田村)
井上侯爵演説
高杉君のために碑を建てるということは、故伊藤公、今の山縣公、杉子と私どもが発起人でありますが、毛利公はじめ多数賛成者の熱誠なる援助を得て、ここに崇碑の建設を見るに至ったのは、誠に歓喜に堪えぬ次第であります。

なお、また今日かくの如き盛大なる除幕式を挙げらるるについては、渡辺知事、槙郡長その他当事者諸君の御骨折は、実に容易ならぬことと存じます。此の段は私が深く感謝するところでありまする。私もこの盛典に参列して、自ら除幕の紐を取る光栄を担ったのは、誠に満足の至りでありまするが、これと同時にまた無量の感慨をも惹きおこしました。

今日より往時を回顧するに、高杉君の卒去よりもはや四十五年の星霜を経ちましたが、私も不肖ながら同君と生死を共にして、国事に奔走した一人であって、その当時を回想すると殆ど夢の如しで、自然と無量の感慨に打たれるのであります。

高杉君の功績はこの碑文書かれたる如く、赫赫として千載不朽でありますが、君がかかる功績を成し遂げたる根源はいずれにあるかというに、決して一身のためでもない、また一家のためでもない、全く国のため君のため一身一家をなげうって尽くさなければならぬという誠忠無二の精神がその根源となっているのであります。

我が国では忠孝二途無しで、忠義を尽くせば孝道もしたがって相立つわけで、忠臣はすなわち孝子である。それで高杉君は忠孝の人であるが、君がいかに駿傑であっても、一人でかかる功業の出来るものではない。必ず同志の賛同を得なければならぬが、その同志と交わるには信義を重んずるという誠意がなくては、人が信頼して死力を出すものではない。

高杉君はその忠孝信の三道を踏んで世に立って、かかる大業を成し遂げられたのである。この式場の参列しておらるる方々は、高杉君の盛名を欽慕しておらるるであろうが、徒にその名を欽慕するばかりでなく、その実を欽慕して、今申した三道、即ち君に忠、親に孝、人と交わる信という事を常に心がけて貰いたいのである。

殊に学校の教員諸君学生諸子に向かっては、極力これを切言致します。なぜならば今頃の若い人々は、忠孝信の信念がよほど薄らいできたように考えられるからである。先ずかように高杉君の精神のありしところをのべておいて、これから私が君との関係の大略をお話いたします。

私が高杉君と国事に奔走したのは、文久二年が初めであります。この年の八月の当時の世子公即ち忠愛公が勅命を奉じて江戸に下られ、次いで十月になると三条実美、姉小路公知の二卿が正副勅使として、攘夷の勅旨を将軍に伝えるために江戸に下られた。それで忠愛公もこの二卿を補佐して勅旨貫徹に勤められたのである。けれども将軍が病気だというので勅使の入城も大いに延引して容易に勅命をお請けする様子が見えぬ。その以前高杉君は忠愛公の御小姓を勤めておられたが、時事に感ずるところがあって、藩邸を亡命して浪々の身となられた。

私も同じく御小姓であったが、英学修業を命じられたので、現勤を除かれて外泊しておりました。それで高杉君と共に尊攘の事に奔走しておりましたが、この時吾々は藩の政府が因循であるから幕府の決断が出来ないと考えていたので、高杉君等の同志と共に、外国公使を斬殺して事端を啓き、そうして藩政府及び幕府ぼ決断を促そうではないかという事を企てた事がある。これが十一月十三日の事でありましたが、この企ては忠愛公の御説論で中止することとなりました。

その後勅使も入城なさって、将軍も攘夷の勅をお請けしたものであるから、勅使は江戸を立って京都にお還りになり、又忠愛公も続いて御出発になった。そのあとで、高杉君等と共に御殿山の公使館を焼いたこともある。これ等は今日から考えると、誠に暴挙ではあるが、その精神はかくしなければ、士気を作興して尊攘の実を挙げることが出来ないという考えから起こったのである。

私共はかような事からして幕府の注目するところとなったので、この年の十二月の末に同志の大和弥八郎、長峰内蔵太と共に京都に上りまして、その他の同志も追々江戸を去ることとなりましたが、高杉君は久しく江戸に滞在して帰ってこない。そこで忠愛公がひどく御気遣いになって、高杉を長く江戸に置くと、如何なる禍に罹るかも知れぬから、是非呼び返すがよいというので、私が忠愛公の御親書を持って江戸に迎えに下り、忠愛公の思召しを伝えて、遂に同伴して京都に帰りましたが、高杉君は政府の為すところに不満をいだいておるものですから、役人になることを厭うて、終に十年の暇を賜ることとなりました。そこで高杉君は剃髪して僧形となり「西へ行く人を慕うて東行く我が心をば神や知るらむ」という歌を詠んで、その志のあるところを示された。それから初めて東行と称したのである。

かように遁世の姿とはなったものの、決して君公父子を後に見る気は毫もない。外にあって自分の意見通り両君公の為に尽くすという決意であったので、他の有志者と共に暫く尊攘の事に奔走しておりましたが、五月に至って終に帰国することとなった。

私はこの月十一日に故伊藤公等と共に、君公の密許を得て洋行することとなったので、留守中における高杉君の行動はよく存じませぬ。帰朝の後同君と面会して、初めてその大要を聞いたのみである

晋作が忠孝信という三つの道を踏むことによって、
大業を成しえたと説き、
晋作と井上の国事奔走の始まりが語られます。

井上の演説はまだ続く。
///④/////

■関連記事■
下関市吉田 東行庵の手栽の碑
 東行庵に点在する奇兵隊幹部らの手栽碑。
東行庵の山縣有朋像(昔の)
 晋作の陶像の台座は、昔の山縣有朋像の台座。
東行忌 高杉晋作没後150年記念
 高杉晋作150回忌の様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。