下関市吉田 東行庵の手栽の碑

晴天の休みの日。
色々と史跡を訪問したりしたいのですが、
先立つものが無ければ遠くに行けない。
そこで久々に東行庵に行ってみました。


東行庵」。
東行庵は、いつ行っても季節の花々が咲いています。


東行池には錦鯉が泳いでいますので、
子供達も退屈じゃない。


高杉晋作像」。
久々ですがまだまだピカピカですね。
変な言い方ですが、早く劣化しないかなって思う。
銅像は時間の経過で威厳ってものが出ますので。

さて、今回は奇兵隊幹部らが手植えした木々の碑を、
探して紹介しようと思います。
その裏面には「明治戊辰之春」と刻まれており、
明治元年の春、つまり戊辰戦争に出征する前に、
幹部らに植樹されたものに添えられたようです。
遥か北陸、東北に出征するにあたって、
戦死して戻って来らないかもしれない。
せめて植樹した木が育って、
後世に残ってくれればと考えたのかもしれません。


時山将軍手栽」碑。
まずは、奇兵隊参謀時山直八が植樹した樫の木の碑。
越後朝日山の戦いで戦死した時山ですが、
植樹した樫の木は元気に大きく育っています。


三好将軍手栽」碑。
奇兵隊参謀三好軍太郎の植樹した樫の木の碑。
三好は戊辰戦争から凱旋して、西南戦争などにも従軍し、
陸軍中将にまで昇進して子爵に列せられています。
植樹した樫は朽ちてしまったようですが、
根が生きていたようで、2本の新木が生えていました。


三浦将軍手栽」碑。
小隊司令三浦梧楼の植樹した松の木の碑。
三浦も凱旋して陸軍中将になっています。
残念ながらその松は枯れてしまい、
地元の人がその幹を置物に加工して、
三浦子爵家に贈ったらしい。

福田将軍手栽」「鳥尾将軍手栽」もあるらしいのですが、
今回は見つけられず。双方とも植樹した木は残っておらず、
何を植えたのかも定かではないようです。

この中に山縣有朋のものが無いのが不思議ですが、
東行庵は当時山縣邸である「無隣庵」なわけで、
自分の庭に自分の手植えって碑を建てるのも変な話なので、
そういう碑が無いのかもしれません。
さて、この時期とは別に、植樹された木々の碑があります。

これらは高杉晋作の顕彰碑の除幕式の際に、
植樹されたもののようです。

公爵毛利元昭閣下手植伊吹樹」碑。
長州藩最後の藩主毛利元徳の長男で、
毛利宗家当主の毛利元昭が植樹した伊吹の碑。
晋作の顕彰碑の左脇にあります。


侯爵井上馨閣下手植伊吹樹」碑。
晋作の盟友だった井上馨の植樹した伊吹の碑。
除幕式での井上の熱弁は、
卒倒者が続出したほどの熱弁でした(記事はこちら)。
碑の場所は、晋作の顕彰碑の左脇の茂みの中。


「公爵伊藤博邦閣下手栽」碑。
伊藤博文のものかと思ったら、
伊藤の養子で井上馨の甥伊藤博邦でした。
伊藤は除幕式の際には既に暗殺されていましたね。
代わりに博邦が来たのでしょう。
碑は顕彰碑の左側前方の晋作の墓の丘の崖あたり。


公爵山縣有朋閣下手植月桂樹」碑。
除幕式の際には山縣も植樹しています。
碑は福田公明の顕彰碑の左前。


伯爵寺内正毅閣下手植月桂樹」碑。
ビリケン宰相寺内正毅も植樹を行っています。
しかしながら周辺に月桂樹が無いので、
枯れてしまったのでしょう。
寺内は奇兵隊士ではありません。


子爵杉孫七郎閣下」碑。
福田の顕彰碑の右後ろの木の根元に埋もれている碑。
これがここにあったものかというのは定かではありません。
というのも、下の写真が別の場所にあるから。


月桂樹の部分を残して折れています。
どうもこれが先ほどの杉の碑のもののようですね。

その他、三浦梧楼の碑もあったようなのですが、
見つけられませんでした。
三浦は明治元年春にも植樹していますので、
それが2度目になります。

ま、そんな感じで今回は手植え関連の碑を紹介しましたが、
東行庵はまだまだ沢山の碑があります。
また別視点でご紹介してみようと思います。

みよちゃんゆきちゃんは、
タンポポの綿帽子を見つけて大はしゃぎ。
あなたたちの飛ばした綿毛も、
またどこかで花を咲かせることでしょう。

■関連記事■
下関市吉田 東行庵~高杉晋作の新しい銅像
 東行庵に建てられた高杉晋作の新しい銅像。
奇兵隊の吉田転陣
 奇兵隊が吉田を本陣とする際のイザコザ。
下関市吉田 奇兵隊陣屋の守護神
 陣屋跡の裏手の山に隊士らが信仰した天神社が。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。