下関市吉田 奇兵隊陣屋の守護神

吉田にある奇兵隊陣屋跡は、当時の面影はなく、
石碑銅像がそこに奇兵隊の本拠地があったと、
我々に教えてくれるのみです。


奇兵隊陣屋跡」。


広大な敷地のほとんどが、水田や畑となっています。
ここを訪れた観光客は、石碑と銅像、
それに案内板を見て帰ります。

・・・が、陣屋の面影を残すものが実はあったのです。
先日、桜山神社の神職さんに聞いて、
それがあることを知りました。

奇兵隊の守護旗が「菅原大神」であることは知られていますが、
天神菅原道真)を奇兵隊が守護神としているワケはというと、
まず、開闢総督が天神を信仰していたというのが大きな理由で、
大宰府に流されながら皇室を尊んだ尊皇の象徴としての意味や、
雷神となって稲妻を落とすような強さのイメージからでした。

また、天神は古くから農民の間で多く信仰されており、
農民出身者の多い奇兵隊士の間で、
受け入れられ易かったのでしょう。
※稲妻は「稲の妻」つまり稲作の伴侶という意味もある。

そんなわけで、奇兵隊陣屋にも天神社が造られていたのです。

陣屋跡の裏手に高速中国自動車道)が通っており、
小さなトンネルがあって向側に行けます。


そのトンネルをくぐるとヤマメ釣り堀の看板があり、
道が分かれていますので、右奥の道へ進みます。


ほんのちょっと登りになっており、
ヤマメ釣り堀へ続く道となっています。
ここの道を行かず、左の山に入ります。


道はありません。


・・で、ちょっと行くと石垣がありました。
これが境内の境だと思われます。


吉田天神社跡」。
先ほどの石垣より一段高い場所に、
社殿の基礎部分と思われる石垣がありました。


ちょっと離れて高い場所から先ほどの石垣を見下ろす。
広さは相撲の土俵位でしょうか?
この天神社は、陣屋の撤去と共に廃止されたようですね。

ちなみに現在東行庵にある延命寺から持ち帰った石灯籠は、
この天神社に奉納されていたもので、
跡地に半分埋まっていたのを、
東行庵三代目庵主谷玉仙が発見しました。


↑これね。


道の無い場所なんで、一応地図を載せときます。
行く人がいれば (いるのか?) ご参考に。

■関連記事■
下関市上新地町 桜山神社で色々聞いてきた
 天神社の跡がある事は、桜山神社の神職さんに教えて頂きました。
福岡県北九州市 延命寺(奇兵隊戦死墓)
 石灯篭はこの延命寺から持ち帰られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。