東行忌 高杉晋作没後150年記念

高杉晋作の命日に執り行われる供養祭「東行忌」。
毎年4月14日に行われていますが、
土日に行われるわけではないので、
「東行忌」に行ったことがありませんでした。

しかも今年は没後150年記念ということで、
特別に京都嶋原から葵太夫が奉納舞踊を披露するとの事。
これはどうにかして行きたいなと思っていたら、
会社で休日出勤することがあり、
振替休日が取れる事に・・奇跡だ・・。

・・というわけで、行ってきました。


当然ですが高杉晋作の墓前で行われます。
そんなに広いスペースがあるわけではありません。
当然、前面は来賓席でした。

墓前での法要の前に、高杉晋作陶像の下に新しい碑が建つので、
その除幕式が行われています。
墓前祭で良い席をとるため、今回はそこに行くのを断念し、
身重の嫁さんと幼子がいますので、早々と一般席をゲット。


で、墓の裏のこの位置。ここなら墓前の人が良く見えるでしょう。
あとはみよちゃんがグズらない事を祈るだけ・・・。
※結局グズりました。うるさくてスイマセンでしたm(_ _)m


まずは稚児舞(散華の舞)。
地元の幼稚園児が舞を披露します。


慰霊の辞下関市長が読みます。


で、東行庵松野實應庵主による読経


続いて、高杉家5代目当主高杉力氏を先頭とした来賓の焼香
その後、祝電披露のあと奉納行事。


明暗尺八無常会」の尺八演奏


清水流東行庵吟詠会」の吟詠


最期に京都嶋原の「葵太夫」による演舞です。灯篭が邪魔だ・・。


死後に墓前にて芸妓御集、三弦なと御鳴し、御祭被下候様奉頼候、
別紙、詩作御覧奉頼候、拝白  伝七様 梅之助
表 
故奇兵隊開闢総督高杉晋作則  
西海一狂生東生墓 
遊撃将軍谷梅之助也 

毛利家恩古臣高杉某嫡子也
 月  日
売国囚君無不至 捨生取義是斯辰
天祥高節成功略 欲学二人作一人

と元治元年、大庭伝七宛ての書簡に遺言が書かれている事から、
150周忌を記念して、墓前での太夫の舞が企画されたようです。

これ、毎年続けるべきだと思います。遺言なんですから。

葵太夫と東行墓のツーショット。
墓前祭の後の撮影会です。

さて、先ほど行けなかった序幕式を終えた記念碑へ。

遺言にあった墓碑銘を、
150回忌を記念して「墓誌碑」という形で建立。
出来れは墓の隣に建てればいいのにと思ったのですが、
墓は史跡なので隣は無理だったのでしょうか?
でもまあ、ここでも十分遺言を果たせたことになるでしょう。


裏もばっちりです。

没後150年という節目にふさわしい墓前祭でした。
※例年の事は知りませんが・・。
ここに至るまで色々とあった事でしょうが、
やはり東行庵というのは、高杉晋作を祀る聖地なわけで、
これからも沢山の人々が支えていく事でしょう。

■関連記事■
東行百四十七回忌
 終焉の地での 碑前祭。
下関市吉田 山縣狂介(有朋)像
 新しく山縣の像も建立されています。
4月14日 東行庵
 気持ちが重要だと思います。

2 thoughts on “東行忌 高杉晋作没後150年記念

  1. さぬきの晋さん

    東行150回忌、私もお参りしましたよ。
    晋作がおうのと逃避行した讃岐から行きました。
    終了後、萩往還「六軒茶屋跡」を見学して帰りました。
    毎日、ブログ楽しみに見ております。 何時までも続けてください。
    長州の幕末情報を。

    返信
    1. kii 投稿作成者

      書き込みありがとうございます。
      讃岐といえば香川ですか!丸亀や高松など仕事でちょこっとだけ行った事がありますが、日柳燕石等の関連史跡を巡る事が出来す(仕事だったんで・・)、またいつか行ってみたいなと思っています(その時はもちろんブログに書きます)。
      六軒茶屋跡・・山口市まで行かれたんですね。ということは車で来られたんですね。お疲れ様でした。
      ブログは頑張って続けたいと思っています。
      読んで下さる方がいらっしゃる事を励みにして、出来るだけマニアックな情報をお伝えできたらなと思っています。
      今後も当ブログをよろしくお願い致します。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。