高杉晋作顕彰碑物語⑤(井上馨の演説2)

井上の演説は続きます。
////⑤////

私共一行は故伊藤公の他、野村弥吉、山尾庸三、遠藤謹助の五人であって、非常な辛苦をなめて、英国ロンドンに着し、同地に滞在している中に、薩州は生麦事件よりして、英国艦隊の襲来に会うて、鹿児島湾で戦をしたという報知が英国の新聞に見え、かつわが長州においても、下関でみだりに外国船を砲撃するという事も新聞に現れ、それからその砲撃を受けたる各国は是非艦隊を派遣して、長州の罪を問わなければならぬという論説もしばしば現れていた。

そこで伊藤と相談して、長州が各国艦隊を引き受けた暁には、到底勝利を得ることは出来ないのみならず、敗戦の結果莫大の償金を取らるるか、或いは土地を割かるるか、この二つの結果は免れることができない。実に我が郷国の大事であるから、速やかに帰国して攘夷の方針を転じさせて、開国尊皇の方針を取らせようという志を決した。

そこで他の三人を残して、伊藤と二人で帰ってきて、先ず横浜で英国公使に面会して帰朝の趣旨を説き、それから国公使の周旋で他の三ヶ国公使の同意を得て、二隻の軍艦で姫島へ送られたのであるが、姫島から富海へ渡って、三田尻を経て山口へ帰着したのが、元治元年の六月二十四日であった。

それから要路の人々に会って我々の意見を述べかつ君公御父子のも拝謁して、西洋の事情を具申に及んで、終に二十七日に御前会議を開くこととなった。けれどもその節は攘夷論の盛なる時期であって、我々の意見は到底行われぬ。それで伊藤と私は政府の命を受けて、姫島に行って外国人に返答に及んだのであるが、その趣意は、攘夷をしたのは、長州一己の意見ではない。朝廷幕府の命を受けてやったのである。よって唯今、藩世子が朝旨伺い定めのために京都に上りつつあるから、どうか九月中の延期を願いたいということであった。けれどもかような曖昧な返答では、外国人が承知する筈がない。それで外国人も、しからば弾丸の間で御目にかかるほかはないというて、姫島を去ってしまった。

私は世子公ならびの三条公等五卿が京都に上らるることも、甚だ不同意であったけれども、これも御採用がなくて、七月十三日に遂に御出発となった。その時一藩人士は、我々が帰って来てしきりに開国論を主張するということを聞いて、彼等は夷狄の廻し者であるとか、間諜であるとかいうて、国賊呼ばわりをなし、甚だしきに至っては彼等を抹殺して攘夷の血祭りにするがよいというような勢いであった。

それでも私どもの命は実に風前の燈火の如き感が起こったので、萩の小沢家に嫁している一人の姉を訪ねて、今生の暇乞いをなし、かつ高杉君にも会って自分の志を告げたいと思って、山口を出発して萩に参りました、そうして姉に会って久濶を叙し、かつ何時如何なる禍に会うかも知れぬといって、暗に決別の意を述べた。

その以前高杉君は、君命を以て来島又兵衛の上京を制止するため、説論に参りましたが、来島が言うところをきかぬものであるから、奮然として自ら京都に上りましたので、世子公は使者を以て之を召し還された。帰って来ると、政府では脱走の罪を糺して野山獄に投じましたが、この時は出獄を命ぜられて、親の高杉小忠太の家に幽閉されておりました。

それで私は高杉家を訪ねて小忠太に会い、晋作君に面会したき旨を申し通じたところが、小忠太という人は誠に厳格の人であるから、晋作事はお上から預かっている罪人で、今座敷牢へ入れてあるのだから、みだりに他人に面会を許すことは出来ぬと、堅く断りました。けれども私の表情をよく察したるものと見えて、事に託して外出致しました。

それで高杉の妻君に会うて、どうか一度面会を得たいものだといって嘆願しましたところが、妻君が座敷牢の鍵を開けて、内々で私に会わする事を取り計らってくれた。

そこで私は洋行以来の次第と、外国の形勢事情などを談じ、また帰朝以来の意見も申し述べると、高杉君も君等が不在中はかようの行動をとったということを話し、また君の意見は如何にも同論であるから、どうか国事の為に死ぬるならば、君と死所を共にしようというて、互いに誓いました

語るうちに熱が入って昔を思い出したのか、
はじめ伊藤公と言ってたのに、
途中から「伊藤」と呼び捨てになっています。
高杉家を訪問した際の様子が語られ、
父の小忠太が面会を断りながらあえて外出して、
面会を暗に許した様子など詳しく語られました。

井上の演説は、まだまだ続きます。
////⑤////

■関連記事■
下関市吉田 東行庵の手栽の碑
 東行庵に点在する奇兵隊幹部らの手栽碑。
東行庵の山縣有朋像(昔の)
 晋作の陶像の台座は、昔の山縣有朋像の台座。
東行忌 高杉晋作没後150年記念
 高杉晋作150回忌の様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。