高杉晋作顕彰碑物語②(二つの悲劇)

つつき。
/②///////

当時の東行庵で、晋作の墓守をしていたのは谷梅処
晋作の愛人であったおうのです。

司馬遼太郎の心無い創作のせいで、
無理やり墓守をさせられたと思われていますが、
そのような記録は全くありませんし、
状況から自らの意志で墓守をしたのは明白。
まず菩提を弔うべきは正室ですし、
愛人がどう行動しようが世間体に問題はない。
おうのが晋作の遺言に従って、墓守をするようになったのは、
ちゃんとした遺族の話し合いによって決められた事でしょう。
以後の東行庵と高杉家との関係からみても明らかです。


東行墓と晩年の梅処尼。

顕彰碑建立の計画は、東行庵の梅処にも伝えられ、
それを梅処は喜び、顕彰碑の完成を心待ちにしました。

その後、福田侠平の顕彰碑は計画どおり進められ、
除幕も滞りなく行われます。
福田の顕彰碑の方が小型だったので、
先に出来上がって到着したと伝えられましたが、
実際には撰文さえも完成していません。

福田さんの次は旦那(晋作)のだ」と、
梅処は待っていましたが、待てど暮らせど顕彰碑は来ない。
旦那のがまだ来ない。旦那のがまだ来ない」と、
梅処は独り言のように話していましたが、
突然脳溢血で倒れ、明治42年8月7日に急逝。
誰よりも顕彰碑の到着を望んでいた梅処は、
その到着を待てずに死去してしまいました。
顕彰碑の到着は、それより2年後の事です。

さて、伊藤博文が撰文を完成させたのは、
梅処が亡くなった翌月で、碑文の最期は、
明治四二年九月 正二位大勲位侯爵 伊藤博文 撰
となっています。

この1カ月後、もうひとつの悲劇が起こりした。
明治42年10月26日。
ロシア蔵相ココフツォフ満州・朝鮮問題について、
非公式に話し合うため訪れたハルビン駅で、
伊藤は安重根によって暗殺されてしまいます。

晋作の顕彰碑完成を誰よりも待っていた谷梅処と、
撰文の作者の伊藤博文が、相次いで亡くなってしまうのです。

つづく。
/②///////

■関連記事■
伊藤博文 ~高杉晋作との関係
 晋作の弟分のような存在であった初代内閣総理大臣、
谷梅処
 司馬遼太郎によって捻じ曲げられてしまった本当のおうの。
雅とうの
 妻と妾の関係。通説は違っているのではないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。