高杉晋作顕彰碑物語⑨(井上馨の演説6)

井上の演説・・・ラスト。
////////⑨

高杉君が馬関へ出た翌日に、諸隊の長官等も意を決して長府を出立し、伊佐まで進んで、五卿方のうち二人を泰じて萩へ進むという手筈であったが、萩政府がこれを拒んだので、二卿も最早毛利父子へ忠告するの道はこれで終局を告げたというので、長府に帰られた。そこで諸隊もいよいよ戦意を決したのである。

萩政府においては、諸隊がかように騒ぐものであるから、万一目下牢舎申付けている前政府員等を奪われてはならぬと思って、前政府員の前田孫右衛門等七人を惨殺してしまった。この報知が馬関へ達したものですから、高杉君は大いに怒って、これはもはや一日も猶予は出来ぬというので、再び兵を進めて、新地の会所を乗取ってしまった。これがちょうど慶応元年正月二日の事であります。

それから大田で諸隊が俗論党と戦いを始め、高杉君も配下の兵を率いてこれに会しましたが、諸隊の方が連戦連勝であって、終に俗論党を撃ちすくめまして、両君公は山口にお帰りのこととなった。これから幕府が再び兵を差向けて来ても、二州を賭して抗戦し、幸いに勝利を得たならば、幕府を倒して王政復古を図るという国是が定まったのである。

これからその方針で着々その歩を進めて、薩長の聠合も成り、四境の戦争にも勝ち、慶応三年の冬遂に薩長聠合の力で将軍慶喜公をして余儀なく政権を返上せしめて、王政復古の大号令が発すると同時に、両君公の復位複官の沙汰がありました。

それから徳川氏の処分問題よりして幕兵が大挙北上することとなって、伏見鳥羽で戦端を開きましたが、官軍の薩長兵が大勝利を得たので、王政復古の鴻業が成り立ったのである。

かような結果となった原因はどこにあるかというと、高杉君が義兵を挙げて、藩論を恢復したのにある。それで高杉君の挙兵は王政復古の基をなしているといわなければならぬ。

けれどもその目的を達するには、長州一藩では甚だむつかしい。幸に薩州の意向も王政復古にあったので、薩藩と聠合することになった。この薩長二藩の聠合は、幕府を討滅する上においてきわめて有力なる手段であって、鳥羽伏見の戦に勝ったのは、即ちその効果であるが、この二藩聠合についても、高杉君が木戸と共に主として骨を折っておられる。そうしてみると、高杉君は王政復古の大業を翼賛する基を作った人であると言わなければならぬ。

君がかように辛苦艱難を経て、大業の基を作られたのは、前にも申した如く、決して自己名聞の為でも何でもない。只国の為、一身一家をなげうってどこまでも尽くさなければならぬという忠義の精神から起こったのである。

それで俗論党討滅の師を起こした時も、たとえ悪名を天下に蒙むるといえども、毛利氏の隠忠臣とならんと欲すという事を書いておらるるが、いかにもその通りで、君の心中でこの忠孝信の三道というものは、国家将来に於いても決して欠くべからざる事で、これが即ち日本魂の大本である。

今日この式場に参列して、この盛挙を諸君が賛助なされたのは、高杉君の盛名を欽慕されたのみでなく、その精神を欽慕されたのであろうと私は信ずる。故に諸君がその精神なくして高杉君の碑に対せらるるのは、誠に耻づべきの至であろうと思う。

ことに学校の教員諸君に向かって切言致しまするが、この後、生徒を率いて修学旅行かたわらこの碑石の前に立たれた時分には、高杉君の精神たる忠孝信の三道を君誨して、生徒をして感奮して国家に尽くすの精神を興起せしむように願いたいのである。しからざればこの石碑も真の一片の石塊となって、世に益するところは毫もなくなるので、私共も高杉君の神霊に対して相済まぬ訳である。それで最後に向かってくどくどしいけれどもが、この事を繰返しておくのである。

今日は高杉君の建碑除幕の盛典に参列して、無量の感慨に打たれましたよりして、いささか自分の所感を述べて、そうして式辞に変えたつもりであります」。

やっと終わった・・・(笑)。
内訌戦の序盤は、井上は参加してないので聞いた話でしょう。
すでに我に返ってますので、あれだけ詳しく語っていたのに、
内訌戦~幕長戦についてはかなり端折っています。
で、初めに触れた「忠孝信の三道」を、最後にちゃんと回収。
この演説は名演説とは言い難いものですが、
熱き青春時代を思い出した熱のこもった演説で、
晋作と生死を共にした井上にしかできない演説でした。

この式典の2年後、井上は脳溢血で倒れ、
左手に麻痺が残り、外出は車椅子という状態となります。
そのまた2年後の大正4年9月。
井上は79歳で死去しました。

高杉晋作顕彰碑に関わる一連の物語を書きましたが、
ほとんど井上の演説になってしまいましたね。
この晋作の顕彰碑に限らず、
どの顕彰碑建立にもドラマがあることでしょう。
漢文はあまり読めませんが、顕彰碑の前に立つときは、
その人物の精神を理解する事に努めようと思います。

////////⑨

■関連記事■
下関市吉田 東行庵の手栽の碑
 東行庵に点在する奇兵隊幹部らの手栽碑。
東行庵の山縣有朋像(昔の)
 晋作の陶像の台座は、昔の山縣有朋像の台座。
東行忌 高杉晋作没後150年記念
 高杉晋作150回忌の様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。