高杉晋作顕彰碑物語⑥(井上馨の演説3)

井上の演説は、まだまだ続きます。
/////⑥///

それから英仏米蘭の四ヶ国の艦隊が、下関へ来襲することの報知が山口に達したものであるから、急に私は山口に呼び返された。

山口に帰ると即日御前会議が開かれて、私と杉徳輔とに、外国艦隊が来るから馬関へ出て和議の談判をしてくれということであったけれども、私はたとい君命たりとも、このことはお請けすることが出来ないといって拒んだ。

何故ならば、私は帰朝以来攘夷の行うへからざることを懇々と説いて、是非開国の方針をとらなければならぬという事をしきりに主張したけれども、攘夷派どこまでもやり通さねばならぬ、たとい防長二州は焦土となるとも、やり通すという決議であった。しかるに今四ヶ国の艦隊が来るというと、にわかに前言をひるがえすような無定見、無節操の政府では何事も出来るものではないという主意を主張したからである。

ところがその会議半ばに、国貞直人という人が、京都に変動があって世子公と五卿方は只今室津まで帰っておらるるという報知を持ってきた。この京都の変動というのは、その以前伏見山崎等に屯していた長州人が京都に押し寄せ、禁門の守兵と戦って、来島は討死し、久坂等は切腹するような次第で、総崩れとなったので、世子公等も途中より引返されたのである。それで忠正公はその報知を聞く為にその席を立たれたので、この日の御前会議は中止となった。

それから忠正公は政府員を従えて三田尻に出張になり、世子公並びに五卿方をお出迎えになって、三田尻で二度も御前会議が開かれた。その会議は、四ヶ国の艦隊はすでに馬関に襲来するに相違ない。また幕府の方では長州人が禁門に向かって発砲したという罪を鳴らし、征討の師を差し向けんとする勢いである。実に内外腹背に敵を受けることとなったが、この難局に処するには、如何なる方法を探ってよいかということ議するのであった。

その御前会議の前に、宮市の小山勘左衛門の宅で下会議をするというので、政府員等が集まって、私もその席へ招かれたのであるが、ひどく議論して、終に山口に帰ってしまったものであるから、この二度の御前会議に参列しなかったが、聞くところによると、この会議において、内外腹背に敵を受くるのは得策ではないから、外国艦隊に向かっては假に和議を結んで、一方の幕府に当たるということに決したそうである。

それで伊藤と松島剛蔵がその命令を持って外国艦隊の假り碇泊地たる姫島に向かいましたが、伊藤等二人が姫島に着せざる前に、外国艦隊は早や姫島を発して馬関の方へ向かった。それで山口では急に御前会議を開いて、私に和議の応接をしてくれということになった。私は前に申した如き論であるから、容易に引き受けなかったが、政府員等が君公の思召しであるというて、しきりに勧めるものであるから、しからば微力を尽くしてみましょうが、外国人の方では私を一介の書生と思っているから、私の言う事に重きを置きますまい、誰か政府の人を一人御派遣になるがよろしかろうと申しますと、政府員の前田孫右衛門が、それでは私が行くことにしようということになった。

けれども馬関の砲台を守ってる奇兵隊その他の諸隊は熱心な攘夷論者であるから、先ず之を説論しておかなければ、我々が外国艦隊に乗り込んで応接する最中に、発砲する如きことがあっては、折角の談判も水泡に帰するというと、前田がそれは自分が引き受けるといって、即時毛利登人、山縣弥八などを馬関に派遣した。そこで前田と共に早打ちで馬関に着したのが八月五日の朝であった。それから奇兵隊の長官その他を呼んで、しきりに説論するけれども、なかなか折り合わぬ。余り手間どるものであるから、戸田亀之助という者を外国船にやって、和議の応接を致したいが、少し事情があって手間どるから、しばらく発砲を猶予してくれと申し込むと、しからば二時間の猶予を与えようということであった。

それで前田その他がしきりに諸隊の長官等をなだめた結果、先方から砲撃しなければこちらからは決して撃たぬということだけを承諾した。そこで前田と二人で阿弥陀寺の埠頭へ出て、小舟で外国艦隊へ漕ぎつけようとすると、外国艦隊の方から発砲を始めたものだから、前田の砲台もこれに応砲するということで、終に激戦となってしまった。私等が阿弥陀寺の埠頭へ出た時は約束の時間よりも殆ど二時間も遅延しておったので、外国艦隊が自ら砲火を開いたのは無理からぬことである」。

高杉晋作そっちのけで、自分の事を中心に話ます。
・・とはいえ貴重な証言ですね。
御前会議が頻繁に開かれてる様子が長州藩らしいですね。
井上と前田孫右衛門が、和議のために方々手を尽くしていますが、
攘夷派の説得に相当苦労した様子がわかります。

そして、まだまだまだ演説は続きます。
/////⑥///

■関連記事■
下関市吉田 東行庵の手栽の碑
 東行庵に点在する奇兵隊幹部らの手栽碑。
東行庵の山縣有朋像(昔の)
 晋作の陶像の台座は、昔の山縣有朋像の台座。
東行忌 高杉晋作没後150年記念
 高杉晋作150回忌の様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。