高杉晋作顕彰碑物語⑧(井上馨の演説5)

井上の演説はもう少し続きます。
///////⑧/

この和議の時、最も困難なる問題は償金一件であったが、高杉君は、長州が攘夷をしたのは、決して一己の意見でしたことではない、朝廷幕府の命を遵泰した結果であるから、償金を御要求になるならば、幕府に向かって御要求になった方が至当であろうということをしきりに主張したので、この償金一條は止戦條約にもよほど曖昧に記してある。けれども長州政府では、償金を要求されては到底応ずることが出来ないというので、その後、家老井原主計に杉と伊藤を副し、修交使節として横浜に派遣して、四ヶ国公使の意向を探ってみると、四ヶ国の公使は、その償金の事はすでに幕府に要求して、幕府から支払うこととなったからご安心なされと言うたので、井原等も大いに安心して帰りましたが、これは偏に高杉君の功であろうと私は考える。

外国の方はかように始末がつきましたが、幕府の征長軍に対する方針については、藩論が二派に分かれた。その一派は、幕軍が押寄せたならば、防長二国が一致してこれと抗戦し、不幸にして敗戦に終わったならば、君臣共に城を枕にして討死する。また幸にして勝利を得たならば、幕府を倒して尊王の大義を天下に明らかにするという論である。

また他の一派は実際京都に於いて禁門に向かって発砲したことであるから、その罪はどこまでも謝罪しなければ条理が立たぬ、かつ防長二ヶ国の労れた兵をもって天下の兵と交戦したならば、決して勝算はない。故にどこまでも恭順謝罪で押し通して、京師変動の首領等は厳刑に処し、たとえ領地は十萬石に削られても、また君公の御身上に対して難題を申しかけられてもいたしかたない。この際は君を軽しとし社稷を重しとする方針で、どこまでも謝罪をして、毛利家の社稷を存しなければならぬという論であった。

この恭順派を我々の方では俗論党と唱えましたが、この俗論党が漸々政権を握るようになったので、高杉君は辞職して萩へ帰ってしまった。

私は世子公より御内書を下されて、朝廷の事を深く御憂慮になった御精神に感激し、是非この俗論党を抑えつけて、幕府と抗戦しなければならぬというので、内密に君公御父子に願って御前会議を開き、同志の政府員等と共に俗論派の主意を攻撃して、断然武備恭順の国是を御定めになるようにと論じたところが、終に忠正公の御英断で、武備恭順の方針を探ることに決定いたしました。これが九月の二十五日であったが、その晩に政府を去って自宅に帰る途中で、刺客の為に殆ど致命傷ともいうべき重傷を受けました。これらの次第も詳しく話しますれば、長くなりますので、主として高杉君と関係した事を話すことに致しますが、私が負傷してと臥床していると、高杉君が萩を脱走して訪ねてまいりました。これがちょうど十月二十五日であったと思います。

その時私も大いに喜んで、七絶一首を作って差し出しますと、高杉君もその韻に和して、一首を作ってくれました。この時高杉君はかくかくの方針をもって藩論を回復するといって、自分の志を私に告げ、それから山口を脱走して徳地に参りまして、野村和作、山縣狂介などに会ってその志を告げて、富海から馬関を経て筑前に脱走いたしました。

高杉君の方針では、九州の同志を聠合して、外から内の同志者と相応じて、国論を回復するつもりであったのであるが、どうも思い通りに事が行われぬので、筑前の有志月形洗蔵等の心配で女丈夫野村望東尼の山荘に潜伏いたしました。その時月形等の同志は広島へ出張の征長総督と長州との間を往来して、無事に事を納めようとして、しきりに周旋しておりましたが、そのうち長州政府は三大夫の首を斬って幕府の軍門に差出し、その参謀たる四人を斬殺して謝罪の証となし、また君公御父子を寺院に蟄居せしめたので、高杉君と同志の団体たる奇兵隊その他の諸隊は身を措くに他無くして長府に移りました。

これ等の次第を月形洗蔵が手紙にしたためて、高杉君の所に送ったので、君は始めて故国の形勢が危急に迫って、一日も坐視すべからさるを知り、奮然蹴起して、是非国に帰って俗論党を討滅して、国論を回復しなければならぬと決心し、筑前を立って馬関へ帰りましたのが十一月二十五日であったと考えます。

帰って来て諸隊の長官等と会見して、是非共に兵を挙げようではないかと申しますけれども、諸隊の長官等は時期尚早論で、今少し人事を尽くして干戈を動かさなければ、名義が立たぬといって応じない。けれども高杉君の論では、今このままで推移ると、この団体の人数も追々減少して、遂に解散するような事にたち至るかもしれぬ、一日も早く兵を挙げなければならぬという趣意であって、終に十二月十五日の晩に、遊撃隊を力士隊の二隊を率いて馬関へ出で、新地の会所を襲いました。会所を襲ったといっても、この時はただ会所を取囲んで金穀を強奪したのみで、その近傍の寺院に屯していると、萩政府では諸隊が暴動を始めたというので、忽ち諸隊追討の命を発しました」。

暗殺されかけたあたりから、
自分の事ばかり話していたことに気が付いて、
今更ながら「話が長くなるから、
高杉君の事を主に話す
」と言っています(笑)。

井上の演説は続きますが、次で(やっと)ラストです。
///////⑧/

■関連記事■
下関市吉田 東行庵の手栽の碑
 東行庵に点在する奇兵隊幹部らの手栽碑。
東行庵の山縣有朋像(昔の)
 晋作の陶像の台座は、昔の山縣有朋像の台座。
東行忌 高杉晋作没後150年記念
 高杉晋作150回忌の様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。