静岡県下田市 吉田松陰の密航計画

/②////

嘉永7年(1854年)3月28日。
吉田松陰と弟子の金子重輔が、ペリー艦隊に近づき密航を企てようとしますが、
渡航を拒絶されて失敗に終わります。

松陰は前年にも、長崎のロシア艦に密航しようとしましたが、
長崎に到着する前にロシア艦が出航してしまい果たせませんでした。


吉田松陰投宿の跡」。
密航を図るために下田に来た吉田松陰と金子重輔の二人が、
最初に宿泊した旅籠岡村屋の跡地。現在は「下田屋旅館」という旅館になっています。


共同風呂「上の湯」。
下田に着いた松陰でしたが、元来の風呂嫌いのせいか疥癬になってしまいます。
疥癬はダニの寄生によって生じる皮膚病。辛抱たまらんと思ったのか、
蓮台寺温泉まで出掛けて真夜中こっそりと、村人しか入れない共同風呂に入りました。
その風呂が当時のまま残っています。


吉田松陰寓寄処」。
「上の湯」に入っていた松陰ですが、真夜中に風呂に入るもんだから、
ぴちゃぴちゃ音がします。その音を聞いて不審に思ったのは、
近くに住む村医者村山行馬郎。松陰を発見して自宅に泊めています。
村山の人柄を信頼した松陰は、密航計画を打ち明け、
村山は大いに驚きましたか、賛同して密航計画を手伝う事となりました。
松陰らは昼間は2階の隠し部屋に隠れ、
夜は海岸に出て黒船の様子を探り密航の機会を窺います。


吉田松陰先生像」。
柿崎三島神社境内にある松陰の石像。
松陰が密航を決行する際に潜伏した弁天島の方向を向いています。


松陰七生説碑」と「金子重輔君碑」。
松陰らは密航の決行に際して、弁天島という小島に潜伏。
現在は埋め立てられて陸続きになっており、徒歩で行くことができます。
七生説とは、松陰が楠木正成の「七生滅賊」の信念を基に書いた精神論で、
簡単に言うと「楠木正成の様に七度生まれ変わっても、
朝敵を滅ぼすような人間になるぞ
」というような意味。


弁天社祠」。
ここに松陰らは潜伏し、黒船に渡るチャンスを窺いました。
潜伏といってもこの祠から見る海の景色は最高のロケーションです。
もちろん当時停泊していた黒船もバッチリ見えたでしょうね。


踏海の朝」と題された松陰と金子の銅像。
弁天島の先にある「弁天島公園」にあります。

松陰らは夜中に小舟で黒船に向かい、一番近くに停泊中のUSSミシシッピーに乗り込み、
漢文の筆話で密航の意思を伝えますが、乗組員に読めるものはおらず、
旗艦のUSSポーハタンに乗り込み、そこで通訳官ウィリアムズが対応しますか、
密航は拒絶されてしまいボートで岸まで送り届けられ、
松陰の密航計画は失敗に終わりました。

/②////

■関連記事■
萩市 明木橋(吉田松陰詩碑)
 密航に失敗した吉田松陰は、萩に送還されています。
下関の人々は外国人に慣れていた
 攘夷戦の起こった下関は、実は外国人は身近だった。
らしゃめん伝吉①/
 上手に密航した者もいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。