萩市 明木橋(吉田松陰詩碑)

下関よりに行く場合、
中国自動車道から美祢東JCTで小郡萩道路に乗り換え、
大田・絵堂を抜けて国道490号線を通り、
途中で県道32号線に入って、
角力場交差点から国道262号線に入り、
再び県道32号線に合流するルートを通りますが、
この32号線に合流してすぐの場所に、
吉田松陰の詩碑があります。


萩市明木橋周辺(明木橋 吉田松陰歌碑の場所)
碑は地図上側の赤丸の位置ですが、
明木橋は上流の地図下側の赤丸の位置。
藩政時代の橋の掛かっていた場所は少し違うようですが、
だいたい同じような場所でしょう。

明木は萩に入る最後の宿場町として栄えましたが、
明治24年の大火事で宿場家屋の大半を焼失。
その後、集落は復元しましたが、
当時の宿場町の雰囲気は失われています。


吉田松陰先生 過明木橋」碑。
下田での密航に失敗した松陰は、
金子重輔と共に萩に送還されますが、
萩に入る前夜の安政元年10月24日に、
明木橋に至って下記の詩を読みました。

少年有所志    少年志すところあり
題柱学馬卿    柱に題して馬卿を学ぶ
今日檻輿返    今日檻輿の返
是吾晝錦行    是れ吾晝錦の行

「少年(松陰)は志すところがあって、
 この明木橋で司馬相如のように誓った。
 今日、檻に入れられて返されはしたが、

 これは錦を飾る帰還なのだ」

松陰らしいポジティブな漢詩ですね。
本来は橋の近くにあるべき碑ですが、
諸事情によりこの場所に移されたようです。

■関連記事■
萩市 涙松遺跡
 道が折れて萩の城下が見えなくなる場所。
萩市 芳和荘&野山・岩倉獄
 松陰が投獄された野山獄の跡。
「野山獄相聞抄」古川薫
 古川薫の小説。高須久子の目線で語られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。