「野山獄相聞抄」古川薫

古い本ですが、「野山獄相聞抄」を読みました。

映画「獄に咲く花」の原作ということで、
読んでみたいと思っていたので図書館で借りてみました。
文庫版では「吉田松陰の恋」に改題されているようです。

本自体は短編集で、タイトルの「野山獄相聞抄」以外に、
4篇収録されておりますが全部面白かったですよ。
ネタがマニアック過ぎます(笑)。

見事な御最期
禁門の変の責任を取らされて切腹した三家老のお話。
切腹の目付役の視点から、三者三様の切腹の様子を語ります。
こう書くと残酷話のようですが、そうではなく人間模様を重点に書かれております。
長州滅亡の危機を救ったのは、この無念の三人の首だった事は、
忘れてはいけないところです。

野山獄相聞抄
高須久子の目線で、松陰の野山獄入獄の様子が書かれています。
退屈な獄生活に現れた松陰という風。
獄の全てを変えるようなその風が去ったあと、
また前と同じ日常が訪れるのですが、
風を知ってしまったあと、それは前と同じというわけにはいきません。
ぽっかりと空いた虚無感がなんとも切ないお話です。

お絹と男たち
稲荷町遊郭の女主人お絹と、
長府藩士泉十郎、そして伊藤博文のお話。
彼らの長府での事件もさることながら、
気丈に女の身で遊郭を切り盛りするお絹に、
好感が持てるお話でした。

後裔たちの海程
興膳昌蔵の暗殺と、その仇討のお話。
この頃の身分制度の無常さに身がつまされます。
この興膳昌蔵。知らなかったのですが、
竹島を開墾しようと初めて言った人物らしいですね。

刀痕記
井上聞多暗殺未遂事件の実行犯のその後のお話。
主人公は俗物です。しかし、我々が彼と同じ立場であれば、
どのように振舞ったであろうか?
そんな思いがよぎるお話でした。

古川薫の作品は、これで二度目です。
非常に読みやすい文章が印象に残りますが、
なにより着眼点が面白い。
長州関係を題材にすることが多いようですし、
これからも読んでいきたいと思います。

■関連記事■
「志士の風雪-品川弥二郎の生涯」古川薫
 品川弥ニ郎の生涯を描いた古川薫の小説。
獄に咲く花
  原作は野山獄相聞抄。
萩市 芳和荘&野山・岩倉獄
 松陰が幽閉された野山の跡。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。