神奈川県横浜市 諸外国の領事館跡

安政6年に横浜が開港されると、
各国の領事館が設けられるわけですが、
元々横浜は東海道から外れており、
基本的には交通に不便な場所でしたので、
諸外国は東海道沿の神奈川宿に、
領事館を設けることを幕府に求めました。

領事館には神奈川宿の各寺院が充てられ、
後に横浜が急速に発展するまで、
各国は領事館を神奈川宿周辺に置いていました。
今回、仕事で相模原で行くことがあり、
横浜で乗り換える機会が出来ましたので、
駅を出て領事館跡巡りをすることにしました。


神奈川周辺(領事館跡巡りのコース)。

まずは、京急仲木戸駅で下車。
線路の北側を歩いて慶運寺へ。

A「慶運寺」。
別名「浦島寺」。浦島太郎の伝説が残っています。
元々「観福寿寺」という寺が浦島の寺だったのですが、
明治5年にその観福寿寺が廃寺となり、
慶運寺に統合されてその伝説も引き継いだとのこと。


史跡 フランス領事館跡」。
慶運寺は、開港当時のフランス領事館
初代在日フランス領事は、
ギュスターヴ・デュシェーヌ・ド・ベルクール
副領事はジョゼ・ルーレイロ

高架をくぐって南側へ。成仏寺へ。

B「成仏寺」。
宣教師達の宿舎として使われた成仏寺。
ヘボン式ローマ字の考案者J・C・ヘボンや、
サミュエル・ブラウンジェームス・バラ
ジョナサン・ゴーブルなどが、ここに宿泊していました。
彼ら宣教師達って、本堂の仏像をどう思うのでしょう?


史跡 外国宣教師宿舎跡」。
聖書の日本語訳もここで行われ、日本語塾も開かれました。
アーネスト・サトウもここで日本語を学んだとのことです。

川を渡って西側の浄龍寺へ。

C「浄龍寺」。
イギリス領事館が置かれた浄龍寺。
初代駐日総領事はラザフォード・オールコック


史跡 イギリス領事館跡」。

川沿いを行くと「滝ノ橋と本陣跡」の説明板があります。

D「滝ノ橋と本陣跡」。
神奈川宿のランドマーク「滝ノ橋」が掛かっていた場所。
現在の「滝の橋」より少し北側です。
面影は川くらいなものですが、これは仕方がないでしょう。


当時の滝ノ橋の様子。
東海道の宿場町として、相当栄えていたのが伺えます。
すぐそこまで海だったんですねぇ。

首都高神奈川横羽線を越えて、南東方向へ。

E「史跡 神奈川台場跡」。
横浜開港に伴って台場の建設される事となり、
伊予松山藩がこれを担当しました。
碑のうしろに見える石垣が当時の遺構です。

首都高まで戻り権現山城跡に沿って甚行寺へ。

F「甚行寺」。
フランス公使館が置かれた寺院。
先ほどの慶運寺が領事館で、こちらは公使館。
領事館はその国にいる自国民の保護や、
通商関係の援助を行う場所で、
公使館は外交使節がその国との外交を行う施設。

線路の上を通る青木橋を渡って、本覺寺へ。

G「本覺寺」。
アメリカ領事館が置かれた本覺寺。
米国は高台にあるこの寺を領事館としました。
初代駐日領事はタウンゼント・ハリスですが、
ここに領事館が置かれた際は、
イーベン・ドールが新領事に任命されています。

領事館を接収した米国領事館員達は、
本覺寺を白いペンキで塗装しました。
空襲によって塗られた建物は失われますが、
山門鐘楼堂に少し跡があります。

山門のペンキ跡。
云われて見れば、唐獅子に白いペンキらしき跡が・・。
借り物の建物にペンキ塗るなんて酷いですね。


史跡 アメリカ領事館跡」。
領事館として使用されたのは3年間。
寺僧は退去させられ本尊は板囲いで覆って塞がれ、
庶民の立ち入りが禁止されました。
先に書いたようにペンキで至る所を塗られ、
酷い有様だったようです。

挙句に空襲でほとんどを燃やされるという、
何度もアメリカ人に酷い目にあわされた寺院でした。

と、こんな感じで領事館跡巡りは終了。
もうひとつ神奈川新町に「オランダ領事館跡」があるのですが、
スタートとは反対方向なんで今回は行きませんでした

■関連記事■
静岡県下田市 玉泉寺(日本初の米国領事館)
 下田条約により玉泉寺は、米国人の休息所・埋葬所に指定されます。
欧州と日本の定期航路
 外国人達は軍艦に乗ってきた訳ではありません。
静岡県下田市 ペリーの上陸と日米下田条約
 日米和親条約の細則を定める条約は下田で締結されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。