大阪市中央区 大坂城跡

大阪城は大阪府(市)のランドマーク
大阪をイメージしたイラストには、
通天閣太陽の塔等と共に描かれます。
たこ焼き食い倒れ人形ビリケングリコ等、
ごちゃごちゃっと入った絵は、
いかにも「大阪!」といった感じですよね。

そんな大阪のシンボル的存在の大阪城ですが、
元々は浄土真宗本願寺派宗主蓮如の隠居寺で、
大坂(石山)御坊という寺院のあった場所でした。
本拠の山科本願寺が、法華一揆勢に焼討された為、
新たに本拠として石山本願寺に改めています。

石山本願寺は、反織田信長の急先鋒勢力となり、
散々と信長を悩ましましたが、
石山合戦で信長が勝利し、本願寺勢は石山を退去。
その後、西本願寺東本願寺に分裂して現在に至り、
石山本願寺は引渡しに反対する者の手により、
放火され消失してしました。

本願寺消失後、守りに適した石山は高く評価され、
城が建設される予定でしたが、本能寺の変で頓挫。
清洲会議で一旦池田恒興のものとなりますが、
国替えで豊臣秀吉の所領となりました。
その後、秀吉の勢力が拡大し、
豊臣政権の本拠地としての居城が築かれ、
豊臣氏大坂城が完成しました。

秀吉の死後、関ヶ原の戦い徳川家康が勝利し、
徳川幕府が成立しましたが、
そのまま豊臣家の本拠として存在し、
最終的に大坂夏の陣で落城し、豊臣家は滅亡しています。

豊臣家滅亡後、豊臣色を払拭するために盛土されて、
石垣を含む全てのものが埋められ、
その上に新たに徳川氏大坂城が造られました。

全く同じ場所にある大坂城ですが、
豊臣時代の遺構は全て土の中。
土の中の様子を見られる装置が発明されたなら、
徳川幕府はほぼ完璧な状態で、
豊臣氏大阪城を保存したという話になるでしょう。

大坂は徳川幕府が直轄支配する領となります。
大坂城の城主は歴代将軍自身で、
江戸に在住する将軍に代わり大坂城代が置かれ、
その下で2人の城番が大坂城代を補佐しました。

※現在の大城は大城となっており、
 」が「」になっています。
 このブログでは、天守や建物の多くが残っている場合、

 若しくは再建されている場合には、
 タイトルに「
」は付けてないのですが、
 今回あえて「大坂城跡」としたのは、
 江戸期の城は、大阪城ではなく大坂城だったからです。



幕末の大坂城(本丸東側諸櫓)」。
手前から馬印櫓月見櫓糒櫓
これらの櫓は残念ながら全て消失しています。
この写真だけを見ても、大阪城の巨大さがわかりますね。


乾櫓」。
西外濠の向こうに見える二層角櫓。
堀の外側が高麗橋から京街道へ至る道筋で、
庶民や旅人にとって一番馴染みのある櫓でした。
一階と二階の床面積が同じという「総二階造」です。

西外濠を南下して大手門から城内へ。

大手門」。
大坂城の正面玄関である大手門。
意匠の少ない簡素なイメージの高麗門です。
もちろん巨大だということは別ですが・・。


千貫櫓」。
大手門に至る道の北側に見える大きな櫓。
大手門の防備を担当する重要な櫓で、
大手門に殺到する敵に対して、
側面から攻撃できるようになっています。
この櫓を落とす者は千貫の価値がある
というのが名の由来。
石山本願寺の大手門横の櫓が、この配置だったとか。
泰平の時代には、その大きさゆえに、
宴会などにも使用されたようです。


多聞櫓」。
大手門をくぐると現れる巨大な多聞櫓大門
嘉永元年に建てられたもので、
多くの城に多聞櫓はありますが、
現存する多聞櫓では日本一の規模という事。


石山本願寺推定地」碑。
石山本願寺があった事を示す石碑と説明板。
前記したように大坂城の前身は石山本願寺でしたが、
その後に大規模な豊臣氏大坂城が造られ、
さらにそれをすべて盛土して隠した後に、
現在の大坂城が建てられたので、
正確な位置がわからないのは仕方無いですね。


六番櫓」。
石山本願寺推定地の碑より南に行った先にある櫓。
名前からもわかるように六番目の櫓で、
南外濠の内側には、一番櫓から七番櫓までありました。
しかしこの六番櫓の他は、
一番櫓を除いて消失しています。

本丸に入る前に豊臣秀吉を祀る豊國神社へ。

豊臣秀吉公」像。
云わずと知れた天下人豊臣秀吉の銅像です。
草履取りから天下人になった、
最強のサクセスストーリーを演じました。


豊國神社」。
京都豊國神社の別社として中之島に建立され、
後に独立した神社として府社に列格。
戦後、大坂城二ノ丸内に移転されて現在に至ります。
中之島にあった社殿は、
豊中市服部の服部住吉神社に移築されており、
現在も本殿として使用されているらしい。
出世開運の神様として人気があります。


桜門」。
本丸の玄関にあたる桜門。観光客がとても多い。
僕が大阪に住んでいた当時は、
こんなに人が多くありませんでした。
しかもほとんどが外国人観光客です。
こういうところを見ると、
大阪に活気があるのが伺えますね。


本丸跡」。
訪問時は平日でしかも雨でしたが、
こちらも外国人観光客だらけです。
本丸跡に建てられた第四師団司令部の建物は、
ショッピングモールとなっていました。
僕が住んでいた頃は大阪市立博物館だったんですが・・。


大阪城址(明治天皇駐蹕之所)」碑。
本丸跡内にぽつんとある大阪城址碑。
これだけの観光客がいるのに誰一人見向きもしません。
まあ外国人ばっかりですしね。


天守閣」。
平成7~9年の平成の大改修で綺麗になった天守閣。
鉄筋コンクリート製で、
エレベーターまである巨大な天守です。
復興天守といっても昭和6年竣工なんで、
すでにある程度歴史のある建物になってます。

本丸を離れてもう一度二ノ丸へ。
桜門を左に曲がって玉造口に向かいます。

一番櫓」。
豊國神社の裏手にある櫓。
先ほどの六番櫓と同様に、
南外濠内側の一番から七番まであった櫓のひとつ。
この櫓は玉造口に殺到する敵を、
側面から攻撃する役割があります。


内堀(東側)」。
はじめに紹介した古写真とほぼ同じ位置からの撮影。
この石垣の上に馬印櫓、月見櫓、糒櫓がありました。

玉造口より大阪城を出て南へ進みます。

南外濠」。
外濠の向こうには一番櫓が見えます。

大坂城最後のお目当ては、大坂城開城の際、
それを不服とした一部幕臣が城に火を放って自刃し、
残された遺体を見た薩長藩兵が、
自刃した彼らを葬って建てたとされる碑。

城中焼亡埋骨墳」。
ピース大阪 大阪国際平和センターの、
西側の林の中にひっそりとあります。
雨だったので靴はかなり汚れました。


慶応四辰歳七月薩州長州建之
と刻まれています。
鳥羽伏見の戦いに敗れ、
大坂城に戻った旧幕府軍でしたが、
その士気は盛んで徹底抗戦の構えを見せていました。
しかし、突然の徳川慶喜の逃亡により、
大坂城内の旧幕府軍は混乱に陥ります。
慶喜は目付の妻木頼矩に、
大坂城仮留守監察という肩書を付けて後を任せ、
老中板倉勝静酒井忠惇、元京都守護職松平容保
元京都所司代松平定敬ら、主戦派の重臣を連れて、
闇夜に紛れて大坂城を脱出。
開陽丸に乗って江戸へ引き上げたのでした。
妻木は混乱する城中の旧幕府軍を抑え、
新政府軍と城の引き渡し交渉を開始。
兵を城外に退去させ、城を新政府軍に引き渡します。
新政府軍参謀佐々木二郎四郎隊が大坂城に向かうと、
城内から轟音と共に火の手が上がったため、
佐々木隊は城内に突撃を開始。
発砲しながら城門へせまると白旗が降られており、
妻木ら少人数が出迎えて、引き渡しが行われました。
その間も数か所で出火がおこり、
何者かが忍び込んで放火している様子。
結局火事は翌日まで燃え続け、
本丸御殿をはじめ大部分が焼失しています。
焼跡からは自刃したと思われる焼死体が発見され、
薩摩藩長州藩の有志が、遺体をここに埋葬して、
武士の鑑として称え、この碑を建立したとの事。
後に大坂の民衆はこの碑を「残念さん」と呼んで、
願い事をかなえてくれる神様として崇めたということです。

大坂城は、豊臣家時代も徳川家時代も難攻不落の城。
しかし豊臣時代は堀を埋められて、
本来の防御力を発揮できずに落城。
そして幕末には、総大将が敵前逃亡。
前代未聞の結末で開城しています。
関ヶ原の戦いで勝利した家康は、大坂城西ノ丸に入り、
東軍の論功行賞と西軍の処罰を行いました。
これにより天下人としての地位を確立しています。
そして最後の将軍である慶喜は大坂城より逃亡して、
徳川家の世を終わらせてました。
幕府は大坂城よりはじまり、大坂城で終わった様です。

■関連記事■
東京都千代田区 江戸城本丸(皇居東御苑)
 徳川幕府の本拠地。無血開城によって戦火を免れました。
京都府京都市 二条城
 京都の幕府本拠地。徳川慶喜による大政奉還の諮問が行われています。
和歌山県和歌山市 和歌山城
 大坂城を退去した旧幕府軍を領内に受け入れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。