和歌山県和歌山市 和歌山城

和歌山に出張。冬は日没が早いので、
仕事終わりに史跡に寄ることはできません

ですがせっかく紀州徳川家のお膝元に来たのですから、
是非とも和歌山城には訪問しておきたいと、
早起きして仕事前に行ってきました。

和歌山城は豊臣秀吉が弟豊臣秀長に造らせた城で、
築城の名手であった藤堂高虎の指揮により、
約1年で完成させた梯郭式平山城です。
秀長自身は四国征伐などで多忙であった事と、
後の加増により本拠を大和郡山に移した事により、
居城とはせずに桑山重晴を城代としています。

関ヶ原の戦いでは重晴の孫桑山一晴東軍として戦い、
和歌山2万石を安堵されていますが、
すぐに大和国葛上、葛下二郡に転封となり、
代わって浅野幸長が37万6千石で入って紀州藩を立藩。
2代藩主浅野長晟の時代に福島正則が改易となった為、
それに伴って浅野家は広島に加増転封されました。
代わって和歌山には徳川家康の十男徳川頼宣が入り、
55万5千石の紀州徳川家が成立します。

宿から徒歩3分の距離でしたので(集合は9時)、
仕事前でも十分に時間がありました。
とりあえず、大手門より城域を散策してみます。

一の橋大手門」。
和歌山城の大手門(表門)。
当時の門は明治42年に自然倒壊したようです。
自然倒壊って・・相当ボロボロで、
補修もせずほったらかしにしてたんですかね。
現在の門は古写真を元に復元されたもの。


一の橋の樟樹」。
大手門を抜けて最初に目に付く大きな木。
樹齢450年とのこと。
幕末時でも樹齢300年になるので、
当時も既にある程度の大きさだったでしょう。


伏虎像」。
大手門より進み御中門跡を過ぎた所にある虎の像。
これは和歌山城の建つ虎伏山が、
虎が伏している姿に似ていると云われたことに因み、
伏した虎が造られたそうです。
この像は2代目で、1代目は立っていたとか。
じゃあ「伏した虎じゃないのでは・・・?」と、
素朴な疑問が生まれます。


二の丸跡」。
二の丸御殿藩政の中心であったようです。
藩主の住居大奥も二の丸御殿にありました。
和歌山城の本丸は虎伏山の山頂付近でしたので、
何かと不便だったのでしょうね。
ちなみに大奥は、江戸城と名古屋城と、
この和歌山城にしか無かったらしい。
そりゃそうですよね。大名の正室は江戸にいるんですから。


御橋廊下」。
二の丸と庭園のある西の丸を繋ぐ橋。
藩主と一部の人間しか通る事ができなかったようで、
移動を気付かれないように壁が付けられたようです。


紅葉渓庭園」。
西の丸にある回遊式庭園で、
名前のとおり紅葉が繁茂しています。
早朝で中に入れませんので外側より撮影。
内堀の畔に建つ建物は池亭「鳶魚閣」です。


追廻門」。
城内で唯一赤く塗らている門。
追廻門は二の丸の裏鬼門の方角に当たるため、
魔除けのために赤く塗られたと推測されています。

追廻門の外すぐ近くの垣根に囲まれた場所に、
自然石で建てらえた石碑があります。

盡忠之碑」。
和歌山城で唯一の幕末関係の石碑。
慶応3年に、追廻門外で殺された田中善蔵の顕彰碑。
田中善蔵は紀州藩改革派の一人で、
藩政改革を推し進めた為、
守旧派の藩士達に襲撃されました。
俸禄削減を阻止するための犯行だったという。
この碑は城から南の秋葉山に建てられていましたが、
明治100年を記念してここに移設されました。
50年前ということですね。

追廻門から城を出て、南方向の県庁前交差点へ。

徳川吉宗公之像」。
和歌山県立近代美術館の前にある徳川吉宗の銅像。
吉宗に関してはわざわざ説明するまでもないですが、
紀州藩第5代藩主8代征夷大将軍です。
吉宗がキリスト教関係以外の洋書の輸入解禁し、
蘭学などの西洋学が学ぶ事ができるようになり、
それが幕末に繋がっていくわけですね。

像を拝見した後、東方向へ城域に沿って進む。

岡口門」。
城の南東にある門。浅野家時代の大手門でしたが、
一の橋が造られて大手門が新たに出来た為、
搦手門として修復されました。
これは紀州徳川家が入府時に改修したもので、
現存する遺構です。

岡口門より城へ再び入り左へ向かうと南の丸跡で、
小さいながら動物園がありました。
開園したのはなんと100年前!
しかも入場は無料。
ですが早朝なので開園していません。

動物園を過ぎて本丸に向かう。

楠門(天守二の門)」。
ここから先は有料。
もちろん早朝なので入れません。


大天守」。
和歌山城の天守は大天守小天守が連立式に建てられ、
現存天守の姫路城伊予松山城と並び、
日本三大連立式平山城の一つに数えられますが、
これは復元されたコンクリート製のものです。
戦前は国宝に指定されていたのですが、
空襲で焼失してしまい、昭和33年に再建されました。

和歌山城の天守は、弘化3年の落雷で焼失し、
嘉永3年に再建していますが、
落雷での焼失前の外壁は黒色だったという説あります。
熊本城のような外観をしていたということですね。
一般では豊臣の城は黒く、徳川の城は白とされますが、
和歌山城は豊臣秀長の城でしたので当然黒いわけで、
徳川家でありながら黒い天守を持っていたのです。
それが落雷で焼失してしまったおかげで、
やっと白い天守を持てるようになったという事らしい。
これは諸説ありますので、本当かはわかりません。

さて幕末の紀州藩は14代将軍を排出しています。
13代将軍徳川家定に後継がいなかった為、
将軍継嗣問題が発生し一橋慶喜を推す一橋派と、
紀州藩13代藩主徳川慶福を推す南紀派が対立。
結局、南紀派の井伊直弼が大老に就任し、
慶福が次期将軍に決定しました。

14代将軍になった慶福は徳川家定と名を改め、
公武合体政策として和宮親子内親王を正室に迎えます。
文久3年には229年ぶりの将軍上洛を果たしますが、
慶応2年の第二次長州征伐の最中に病死しました。

13代藩主徳川慶福が将軍になったことにより、
支藩の西条藩第9代藩主松平頼学の六男松平頼久が、
14代紀州藩藩主となって徳川茂承と名を改めます。

第二次長州征伐では先鋒総督に任命され、
附家老安藤直裕を先鋒総督名代として広島に派遣。
大政奉還以降の京都の政権交代には静観していましたが、
鳥羽伏見の戦いで敗走した旧幕府将兵の多くを受け入れ、
新政府軍の討伐を受けることになりました。
これに対して紀州藩では恭順を決定し、
藩兵1500人を新政府軍に提供すると共に、
軍資金15万両を献上。
新政府は紀州討伐を中止しています。

【紀州藩】
藩庁:和歌山城
藩主家:紀州徳川家
分類:55万5000石、親藩大名(御三家)

■関連記事■
和歌山県和歌山市 岡公園
 和歌山城の隣にある記念碑公園。
東京都千代田区 江戸城本丸(皇居東御苑)
 13代藩主徳川慶福は、14代将軍徳川家定となりました。
大阪市中央区 大坂城跡
 14代将軍家定は、大坂城で死去しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。