東京都千代田区 江戸城 本丸(皇居東御苑)

/②/

江戸城の本丸・二ノ丸は、現在の皇居東御苑
この皇居東御苑は皇居附属の庭園で、
苑内は一般公開されています。

大手門」。
皇居東御苑には、この大手門の他、
平川門北桔橋門からも入苑できます。
入苑は午前9:00からで、
数人の外国人観光客が開苑を待っていました。
日本人は僕だけのようですね。

開苑すると簡単な手荷物検査が行われ、
番号の書いた札を渡され、
退苑時にその札を返すという仕組み。

大手門の高麗門渡櫓門をくぐり、
衛所で札をもらって進みます。
三の丸尚蔵館を過ぎると、巨大な門跡の石垣が現れます。

大手三之門跡」。
大手門よりここまでが三ノ丸。
ここを過ぎれば二ノ丸です。
尾張徳川家紀州徳川家水戸徳川家以外の大名は、
ここから駕籠を降りなければなりませんでした。
大名に追従する多くの家臣らも、
この手前(下馬先)で待つ事になるのですが、
他の大名家臣との情報交換も行われたようで、
下馬評」という言葉が生まれたともいわれています。


同心番所」。
大手三之門を警護する同心や与力の詰所。

二ノ丸に入ると左手に長屋風の建物が見えてきます。

百人番所」。
ちょうど逆光で正面から写せませんでした。
読んで字の如く100人の同心が詰めれる番所で、
甲賀組伊賀組根来組二十五騎組の、
四組各100人の鉄砲隊が、交代で詰めていた場所。


中之門跡」。
百人番所の正面にある本丸の大手門。


大番所」。
江戸城本丸へ行くための最後の番所で、
警備上最後のチェックポイントとなる場所。
ここで許可を貰わないと、
本丸へは入れなかったというわけですね。

大番所を過ぎて坂を上って中雀門跡を通ると、
そこからが本丸域です。

富士見櫓」。
本丸の東南隅に建つ三重櫓
江戸城の天守は、焼失して以降再建されていませんので、
この富士見櫓が天守の役割を果たしていたようです。


本丸大芝生」。
本丸御殿の跡地で、政治の中心となっていた場所。
表、中奥、大奥に分けられた壮大豪華な殿舎が、
所せましと立ち並んでいました。
江戸時代を通して四度の火災で焼失しており、
その度に再建されていたのですが、
最後の文久3年の火災で焼失した後は再建されず、
その機能を西ノ丸御殿に移し、
以降は西ノ丸御殿が幕政の中心となります。
皇居の中心が本丸ではなく、
旧西ノ丸にあるのはその経緯から。


松之大廊下跡」。
松之大廊下は、大広間から白書院に至る廊下で、
全長約50mもあったという。
その襖絵に松並木が描かれた為にそう呼ばれました。
浅野内匠頭吉良上野介を斬りつけた場所ですね。


天守閣跡」。
天守は明暦の大火(振袖火事)で焼失して以来、
再建されませんでしたが、
天守台(石垣)のみがそのまま残されています。
かつては高さ58m五層六階の天守がそびえていました。
この巨大な江戸城で、その本丸にまで火が達するとは、
想像出来ないほどの大火だったのでしょう。

天守閣跡を過ぎて北桔橋門より皇居東御苑を退苑。
衛所で札を返します。

北桔橋門」。
大奥から外部に直接通じる門であった為、
濠は深く、石垣は最も高く積み上げられています。

これにて皇居東御苑訪問は終了。
出てすぐ東側にある乾門へ。

乾門」。
皇居の裏門として明治期に建てられた京風の門。
皇居の乾の方角にあるのでこの名が付いたそうです。

皇居東御苑はこの他にも二ノ丸庭園がありますが、
時間と体力の関係からそちらには行きませんでした。

次は御三卿の屋敷跡に行ってみます。

/②/

■関連記事■
京都府京都市 二条城
 京都での幕府の拠点。世界遺産。
大阪市中央区 大坂城跡
 大坂での幕府の拠点。徳川慶喜が敵前逃亡しています。
東京都千代田区 北町奉行所跡
 江戸に2ヶ所あった町奉行所のひとつ。
東京都千代田区 南町奉行所跡
 江戸に2ヶ所あった町奉行所のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。