大阪市中央区 大坂東町奉行所跡

江戸と同様に、大坂にも町奉行所が設置され、
月交代の月番制で運営されていたようです。
江戸では「」「」と分かれていましたが、
大坂は「」と「西」で分けられ、
東町奉行所は「東の御番所」、
西町奉行所は「西の御番所」と呼ばれました。


大阪城西側周辺(東町奉行所の場所)
大手前の大阪合同庁舎が建てられている場所が、
大坂東町奉行所のあった場所です。


大阪合同庁舎」。
大坂東町奉行所は維新後に廃止されましたが、
兵部省の所管となって陸軍の施設が建てられ、
現在は大阪合同庁舎1号館、3号館などが建っています。
大手前は今も昔も公務の町。


東町奉行所址」。
町奉行は町方の行政司法を担当しており、
現在でいえば役所警察裁判所が一緒になったもの。
些細な訴訟から重大な事件まで、
相当量の職務があったものと思われます。
だから東と西の2ヶ所に分けられたのでしょうね。

そんなわけで幕末の不貞浪士達の取り締りまでは、
どうしても手が回らない。
そこで京都で取締を行っている壬生浪士組に、
大坂で暗躍する不貞浪士の取締を依頼したのでした。

ところが出張してきたのは、
確かに強いが不貞浪士よりタチの悪い芹澤鴨
北新地で酔った力士と道を譲る譲らないで揉め、
挙句は刃傷さわぎとなります。
斬られた力士が在籍する小野川部屋の力士達は、
復讐の為に角材を持って大挙して押しかけ乱闘に発展。
力士側に多数の死傷者を出す結果となりました。
現場に居合わさず宿舎で一件を聞いた近藤勇は、
事件の顛末を東町奉行所に届けたとされています。
※西町奉行所という説も

東西各奉行所には、それぞれ与力30騎、
同心50人が配属されており、
実際の職務は彼らが行っていました。
司法と行政が合わさった様なものである為、
良い与力悪い与力も出現します。

良い与力の代表としては、やはり大塩平八郎
汚職を嫌う正義感あふれる与力であった大塩は、
東町奉行所の与力でした。
組違いの同僚与力弓削新左衛門の汚職を摘発し、
破戒僧切支丹の摘発にも功績があり、
市民の尊敬を集め、特に汚職役人の摘発は、
京都や奈良、堺の奉行所にまで波及し、
上方の腐敗が一時的に一掃されています。
理解者であった東町奉行高井実徳の辞職後に隠居し、
陽明学を学んで、隠居後は私塾で子弟を指導しました。

二度の大飢饉が起こり、一度目は西町奉行矢部定謙が、
大塩の意見を取り入れて大事には至りませんでしたが、
二度目は東町奉行の跡部良弼が、
実情を省みずに幕府へ廻米を行い、
また商人達が米を買い占めた為に高騰して、
町に餓死者があふれました。
これに対して大塩は、跡部に様々な献策を行いましたが、
跡部は聞き入れず、さらに廻米を徹底。
京都からの流民も押し寄せ、大坂の治安も悪化しています。

これらの事態に大塩は、門人、民衆と共に蜂起。
しかし門人数人の密告によって、
わずか1日で鎮圧されました。
大塩は再起を誓って潜伏しましたが、
捕吏に見つかって自害しています。

また、悪い与力は結構いるもので、
幕末の天誅事件には、東町奉行所の与力が、
標的になったものあります。
元治元年3月18日大坂西横堀助右衛門橋で、
東町奉行所与力北角源兵衛が、尊攘を唱えながら、
実際は無実の人を殺め、
富商にたかったという罪状で梟首されました。

隣の京都が幕末の動乱の中心だった事、
また経済の中心地だった事、
そして京都への玄関としての港があった事、
大坂には沢山の事件になる要素があったわけで、
大坂町奉行所は大忙しだった様です。

■関連記事■
大阪市中央区 大坂城跡
 大阪にある幕府の軍事拠点。
大阪市中央区 大坂西町奉行所跡
 東町奉行所と共に大坂の行政・司法を担当した奉行所。
奈良県奈良市 奈良奉行所跡
 奈良天領の支配及び大寺院の監視を行った奉行所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。