大阪府大阪市 成正寺/大塩平八郎墓所

成正寺は大阪市北区にある日蓮宗の寺院。
このお寺に大塩平八郎の墓があります。


成正寺」。
慶長9年に増長院日秀の開山。
日秀は歌道が縁で豊臣秀吉の知遇を受け、
現在地に寺領を賜ったとされ、
秀吉の持仏である妙見大菩薩像を寄進し、
朝鮮出兵の先勝祈願をしたという。
大坂与力大塩家の菩提寺でもあります。


中齋大塩先生墓(左)」、
大塩格之助君墓(右)」。
本堂向かって右脇にある大塩親子の墓。
墓石は空襲で破壊されたようで、
現在の墓は後に再度建立されたもの。
大塩平八郎は東町奉行所の与力で、
同僚の汚職を内部告発したり、
切支丹破戒僧の摘発などを行い、
汚職や不正を次々と暴いてたという。
隠居後は私塾洗心洞を開いて子弟を教育。
天保4年の飢饉では西町奉行矢部定謙や、
与力内山彦次郎らと充分な対策を講じ、
被害を最小限度に抑えましたが、
天保7年の飢饉では東町奉行跡部良弼が、
江戸への廻米を強行する暴政を振るい、
米価が高騰して民衆が飢餓に喘ぎます。
大塩は跡部に多くの献策をしますが、
全く聞き入れられなかった為、
武装蜂起を決断して大塩平八郎の乱が勃発。
しかし平山助次郎らの密告により、
蜂起が察知されて僅か1日で鎮圧され、
大塩は再起を謀って潜伏しますが、
潜伏先が役人に囲まれた為に、
養子大塩格之助と共に自決しました。


大塩の乱に殉じた人びとの碑」。
大塩の乱は総勢3百人程とされ、
大塩以下戦死18名、磔1名、
※上記18名は死体のまま磔。
打首獄門11名、死罪3名であったようで、
また戦火で多くの焼死者も出しており、
彼らを慰霊する為に建立されたもの。

乱の遠因である東町奉行跡部良弼は、
その後も栄進を続けたようで、
他の奉行職や若年寄等を歴任しており、
明治元年まで生きています。

■関連記事■
大阪府大阪市 龍海寺/緒方洪庵墓所
 北区にある緒方洪庵の墓所。
大阪府大阪市 市内の碑を巡る
 市内の碑を巡る。
大阪府大阪市 長州藩大坂蔵屋敷跡
 長州藩の大坂蔵屋敷跡。