RYOMA~空白の三か月~

台風が続いて子供達が外に出られないのか可哀想で、
アニメでも借りてあげようとゲオに久々に行きました。

みよちゃんここたまシンデレラ
ゆきちゃんカーズ2を選びましたが、
ふとRYOMA・・という文字が目に入ったので、
そこまで内容を確認せずについでに借りてみました。

なになに「RYOMA~空白の三か月~」。
脱藩した坂本龍馬三田尻から下関に至り、
その後大坂に出るまでの3ヶ月間の空白期間の出来事とのこと。
う~ん。白石邸坂本龍馬が現れたのが文久2年4月1日
大坂で沢村惣之丞と再会したのが文久2年6月11日
正確には2ヶ月ちょいですねぇ。

まあそんな野暮な事言うもんじゃないですね。
コメディなんだから。
さて、物語はよくあるタイムスリップ物
現代の若者と龍馬が入れ替わっちゃうベタなストーリーでした。

ただ、それでつまんないとは思わないのは、
全体的にものすごいチープ感がコメディにマッチしていて、
昭和の作品を観ているような感覚に陥りました。
これが意図しているのかそうでないのかはわかりませんが、
楽しく拝見できました。

■関連記事■
憑神
 憑神に憑かれた武士のお話。
武士の家計簿
 加賀藩のそろばん侍の幕末。
幕末太陽傳
 英国公使館焼討事件に落語話をちりばめた喜劇。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。