幕末太陽傳

以前から気になっていました「幕末太陽傳」。
なんでも日本映画史上最高傑作の一つらしいし、
石原裕次郎高杉晋作を演じてるらしい・・・。
しかし古い映画で、レンタル屋でもなかなかお目にかかりませんでした。
ところが最近出来たレンタル屋にありましたので、借りてみました。

某頭、現代の(とは言っても昭和32年当時の現代)品川の風景と共に、
品川の歴史をナレーション。
赤線とか16軒の特飲街とか今ではありえないような説明がいいですね。
お大尽を装って品川の遊郭旅籠相模屋で豪遊した佐平次(フランキー堺)が、
居残りと称して相模屋に長居を決め込み、
その左平次が女郎衆や遊郭に出入りする人々のトラブル解決に至るまで、
八面六臂の活躍をするというお話です。

その旅籠には高杉晋作が逗留し、英国公使館焼き討ちの計画を立てています。

裕次郎は「太陽にほえろ」のサングラス姿しか知りませんでしたが、
流石、一世を風靡した役者ですね。
めちゃくちゃ男前というわけではないと思います。・・が、
笑顔喋り方が素敵ですね。なんとなく涼やかな風が吹くような雰囲気。
意外と高杉晋作ハマってますね。

物語は落語の「居残り佐平次」をベースにして、「品川心中」、「三枚起請」、
「お見立て」などの落語話をちりばめた喜劇。
うまいこと落語のお話に英国公使館焼き討ち事件を絡めています。

しかし、まあびっくりするような役者さんがたくさん出てますね。
岡田真澄とか小林旭とか、キャスト表見なければ若すぎて全くわかりません。
・・でも菅井きんは昔からおばあさんでした。

■関連記事■
狼よ落日を斬れ
 池波正太郎「その男」を原作とする映画。
桜田門外ノ変
 桜田門外の変を題材にした映画。
「幕末時そば伝」鯨統一郎
 同じく幕末に落語を絡めた短編小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。