狼よ落日を斬れ

幕末モノの映画は昔沢山作られましたが、
最近ではあまりやらないですね。

久々にゲオでDVDを借りました。
みよちゃんは「ちいさなプリンセス ソフィア」、
僕は「狼よ落日を斬れ」です。

この映画は池波正太郎の小説「その男」が原作。
架空の剣客杉虎之助の生涯を描いたもの。
杉虎之助が実在する幕末の人物達に出会い、
その人物達に影響を受けながら、
明治の世を生きていくといった内容。

主人公の杉虎之助は、高橋秀樹が演じています。
名前は吉田松陰の幼名(杉寅之助)に似ていますが、
全く関わりなく、剣に生き佐幕の思想を持っています。
剣豪に育てられ全国を旅していた虎之助が江戸に戻り、
伊庭八郎近藤正臣)に出会って友人となる。
偶然から謎の娘礼子を京都に送りとどける事になり、
剣豪の義父が幕府の隠密となっている事を知ります。
義父には江戸に帰れといわれますが、
伊庭八郎が京都見廻組を率いて京都にやってきたので、
しばらく京都に滞在することになりました。
そんな中、新選組の沖田総司西郷輝彦)や、
薩摩藩の中村半次郎緒方拳)と知り合い、
伊庭と共に2人と友人になります。


沖田総司(西郷)と中村半次郎(緒方)

その後、幕府隠密として行動していた義父は、
薩摩藩士にアジトを襲われ切り殺され、
鳥羽伏見の戦いが起こり、薩長と旧幕府軍が戦う事に。
中村は薩長側、沖田と伊庭は旧幕府側で戦い、薩長が勝利。

虎之助は礼子と共に江戸にもどり、2人で慎ましく暮らしますが、
薩長は江戸に入り我が物顔。伊庭は彰義隊でことを決意。
沖田は病で離脱します。
薩摩藩士がイタズラ目当てで礼子を襲い、
反撃してきた礼子を斬り殺してしまう。
遅れて帰ってきた虎之助は、礼子が斬られたことを知り、
斬った薩摩藩士を殺して仇を討ちますが、
薩摩兵から追われることになってしまいます。

逃げてる途中、空き家で腕を負傷した伊庭を見つけ、
破傷風になった腕を切り落とし、
伊庭に戦いをやめるように説得。
伊庭は承知しますが、隙をみつけて姿を消し、
箱館まで戦いを続けます。

一方、薩摩藩士を殺した者を追って、
中村が兵を率いて下手人を捜索ますが、
道中で血を吐いて死んでいる沖田を発見。
中村は沖田が藩士殺害の下手人だということにし、
下手人の捜索を打ち切りました。

新しい時代となり大出世した中村が、
ふと髭を剃ろうと立ち寄った理髪店に、
虎之助が店主としてはたらいていました。
中村は桐野利秋と名乗って陸軍少将になっていると言い、
自分の口利きで出世できると陸軍入りを進めますが、
虎之助は出世に興味無いと断ります。

虎之助が伊庭の家に訪問すると、
伊庭が半年前に戦死していたことを知る。
桐野も西郷下野に伴い陸軍少将の地位を捨て、
故郷の薩摩に帰ります。

しばらくして元薩摩藩士に義父を殺した犯人を、
桐野が知っていると聞いて薩摩に出かけます。
薩摩で畑を耕す桐野を見つけ義父を殺した人物を訪ねると、
桐野は自分が殺したと語ります。
虎之助は義父の仇と剣を取って桐野と斬り合いますが、
敵討の虚しさを感じた虎之助は争う事をやめ、
桐野と別れ東京にもどりますが、
しばらくして西南戦争が勃発。
虎之助は号外で桐野が戦死したことを知りました。

話は史実には沿ってはいますがフィクションで、
伊庭八郎が見廻組だったり彰義隊に入ったり、
沖田が鳥羽伏見でガンガン刀振り回したりしています。
まあ、面白かったらいいと思う。

豪華なキャストで、みんな若い!カッコいい!
女優さんも色っぽいね。

■関連記事■
「その男」池波正太郎
 「狼よ落日を斬れ」の原作。
柘榴坂の仇討
  浅田次郎の短編小説を原作とする映画。
幕末太陽傳
  石原裕次郎が高杉晋作を演じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。