「その男」池波正太郎

以前、映画「狼よ落日を斬れ」を紹介しましたが、
(記事はこちら
池波正太郎の「その男」は、その原作です。

架空の人物を主人公とし、実在する志士らと絡ませた物語で、
主人公の杉虎之助は、旗本の嫡男ながら継母に虐げられて、
それを苦に身投げしますが、旅の剣士池本茂兵衛に助けられる。

強くなりたいと池本の弟子となり、虎之助は江戸を離れます。
池本について色々な場所を旅し、修業をかさねるのですが、
その間、池本はたまに不審な行動をすることがある。
しかし、池本はそれを話さず、虎之助も聞かず過ごしました。

6年ぶりに江戸に帰ってきた虎之助は、
見違えるような屈強な体と、剣の腕を身に付けていました。
時は幕末の混乱した時代。
虎之助は池本に、一人の女を彦根まで護衛するように頼まれ、
訳も聞かされぬまま、女と彦根に旅をしますが、
実は女は薩摩藩に追われていた・・。

・・と、まあこんな感じで物語は展開するのですが、
伊庭八郎中村半次郎佐々木只三郎など、
実在の人物が登場し、虎之助と絡んでいく訳です。

映画と違い、沖田総司は登場せず。
伊庭や中村との友情、礼子お秀といった女が、
物語の軸になります。

この中のお秀という女性。
たまたま虎之助が無頼に襲われているのを助け、
京に行きたいと言うので十両を貸し与えて送り出すのですが、
後に京でとなって再開します。
尼の身ながら中村半次郎と情を通じており、
しかも虎之助と再開するや色目を使い、
半次郎をむげに追い返したりする。

あれ?どっかで聞いたことある話だなぁ?と思ったら、
このお秀(法秀尼)という女性は、
同じ池波作品「人斬り半次郎」にも登場し(記事はこちら)、
わけのわからない行動する尼がいました。
たしかにいきなり半次郎に来るなとか言ってたってな。
2作品はリンクしてたわけだ・・。
「人斬り半次郎」での法秀尼のわけのわからない行動の理由は、
「この男」を読まなきゃ理解できないようです。

しかし、この「その男」では、
晩年の言葉や池波が祖母に聞いた話だとか、
いかにも杉虎之助が実在したかのように書いている。
これって罪ですよね。騙されそうになりますよ。

映画と違い、虎之助は西南戦争に従軍して、
城山まで桐野について行っている。
それでいて戦死もしなければ、その後もずっと生き続けて、
昭和13年まで生きている。
どのように生きて、子孫が何をしたかなど、
クライマックスが終わっての後日譚をそのような設定にして、
入念に読者に伝えています。
池波があとがきで語るように、3人のモデルがいるらしい。
そうなると完全に実在しないのだが、池波は、
実在であるともいえず、実在でないともいえぬ」、
「実在の男」とおもっていただいてよいかとおもう」、
というように述べています。

これはエンターテイメントな小説だという前提で、
あえて言わせてもらえば、
こういう言い回しは、結果的に良くなかったのではないか?
一昔前ならば「騙された読者がいる」と聞いて、
してやったり!」と筆者が思うだけで済んだのですが、
小説も書物ですのでずっと残る。現在の情報化社会において、
正も偽も垂れ流しの世の中となる事を、
池波は予知してはいなかったでしょうが、
ネットで簡単に斜め読みできるような現代、
これは「ウソ(フィクション)です」と、
しっかり発言しなければならない。
司馬にしてもそうですが、史実とウソをミックスさせる技術が、
高ければ高いほど、後世に多大な影響を与えます。
それほど「その男」はリアルなフィクションだといえるでしょう。

■関連記事■
狼よ落日を斬れ
 「その男」が原作の映画。高橋英樹主演。
「人斬り半次郎」池波正太郎
 「その男」とリンクした池波正太郎の長編。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。