「人斬り半次郎」池波正太郎

薩摩藩の事については、まだまだ勉強不足。
どちらかというと「長州藩側から見た薩摩」という視点で、
それほど薩摩藩を理解していない。

そんな弱学な僕の中でも、中村半次郎と人物は、
意外とちらほらと名前を見る機会の多い人物です。

今回の出張で読んだのは「人斬り半次郎」。
全2巻で「幕末編」と「賊将編」に分かれています。
ブックオフで買いました。

薩摩の唐芋侍だった半次郎は、西郷大久保に見出され、
京に上る島津久光の一行に加えられたことにより、
幕末の動乱に参加していく。
剣術に優れた半次郎は、次第に頭角を現し、
人斬りを経て日本初の陸軍少将となります。

西郷に心酔し西郷が下野すれは、自らも下野し薩摩に帰る。
他の旧薩摩藩士と共に西郷の中央復帰を信じてやまず、
最終的に西郷を担ぎ出して西南戦争に突入する事となります。

読んでみるとどうも女関係で脱線するわりに、
ただの唐芋侍のまま、何も成長せずに出世したように感じられ、
その出世や名声も理由がわからぬままでした。
どうもただの剣客にしか感じられない。

長州藩や他の攘夷派との関係も書かれず、
西郷がなんで半次郎を重宝したのかが見えない。
篠原国幹村田新八別府晋介永山弥一郎ら著名な薩摩志士が、
ほとんどモブのような扱い・・。

時代劇小説の大家池波正太郎の作品ですが、
正直読んだ感想としては残念でした。
僕は初めて池波の小説を読んだのですが、
彼は鬼平犯科帳剣客商売のような、
ヒロイックな作品の方が向いているのではないか?
史実を題材にした作品は、英雄が乱立するため、
主人公をヒロイックに書きすぎてしまうとこういう事になる。
まだこの作品しか読んだ事がないので、
偉そうな事はいえませんが・・・。

■関連記事■
「その男」池波正太郎
 「人斬り半次郎」と物語がリンクしています。
狼よ落日を斬れ
 「その男」を原作とした映画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。