「幕末時そば伝」鯨統一郎

幕末という2文字に釣られて買いました。
タイトルからしてどんな内容かは想像つきます。
こういう軽いのは楽に読めます。

簡単に説明すると落語です。
しかも古典でほぼノーアレンジ・・・。
でも楽しく読みました。

冒頭の3編までは幕末とは関係のないお話・・。
4編から幕末の事件が絡んできます。
井伊直弼の大老就任や、和宮の降嫁。
高杉晋作の暗殺(!!)や、大政奉還・・。
それらの事件に、落語でよく登場する熊や八が絡んできます。
しかも、かなりのバカバカしさで。

このバカバカしさが、テンポのいい落語のように
書かれています。

なんだか落語が聞きたくなりました。

■関連記事■
「幕末まらそん侍」土橋章宏
 安政遠足を題材にしたライトな小説。
「マイ・ディア・シンサク」今江祥智
 高杉晋作が死の間際に、幼い自分に出会うという小説。
「合葬」杉浦日向子
 上野戦争を題材にした杉浦日向子の漫画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。