「マイ・ディア・シンサク」今江祥智


高杉晋作を題材とした小説は数ありますが、
これは少々変わったものです。

臨終前の大人の晋作が、
若き日の子供の晋作と出会うという不思議なお話。
何度も出会って子供の晋作に影響を及ぼします

謎の金髪女性が案内役として登場しますが、
その正体は自分的には残念でしたね。

とはいえ、たまにはこういう変わりダネもアリでしょう。

■関連記事■
「少年行」南条範夫
 晋作のBL小説??。
「長州征伐」萩原新生
 昭和16年刊行の古い小説。
「世に棲む日日(四)」司馬遼太郎
 幕末長州を描いた司馬遼の長編小説の最終巻。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。