「少年行」南条範夫

小学校5~6年の頃だったか・・・。
当時「聖闘士聖矢」が流行っていて、
少年ジャンプアニメを視ていたのですが、
ある日、書店に見慣れぬマンガ本が売られていました。
「聖闘士聖矢」の単行本とは明らかに違うのに、
表紙には「聖闘士聖矢」に登場する黄金聖闘士が、
車田正美の作風とは違う絵で描かれていたその本。
タイトルは忘れましたが、
聖闘士聖矢千夜一夜」みたいな感じだったか?
表紙につられて買って読んでみると、
何とも恐ろしい世界が展開されてパニックになりました。

まあ、要は「BL」と呼ばれる同人誌だったわけですが、
なにも知らないで読んだ僕は相当ショックでした・・・。
健全な青少年であった僕は、
なんで男同士ああいうことになるのか意味不明。
その本は二度と開かれることはなく、
捨ててしまった覚えがあります。

さて、今回紹介する本は、それがどういう本か知らずに読むと、
僕のようなことになるので、注意が必要。
南条範夫の「少年行」という小説です。


南条範夫は、「残酷もの」と呼ばれる残酷な物語で知られる作家で、
漫画「シグルイ」の原作「駿河城御前試合」なんかも彼の作品。
登場人物のほとんどが死んでしまうような残酷な話です。

その彼が高杉晋作を主人公にして書いたのが「少年行」ですが、
まあ、なんですか・・BLな話なんですね。
少年の晋作が、美少年の久坂秀三郎(玄瑞)に恋心を持つって話。

優秀ながらプライドが高く、心の中は悶々とした晋作少年が、
美少年の秀三郎に恋心を抱きながらなにも出来ない葛藤と、
少年期の青くさい思考を描いているのです。

汚れています・・・。僕にはこの世界はさっぱりわかりません。

晋作だけでなく、明倫館の学生の多数がそういう趣味があり、
実際に多くの学生にカップルが誕生する。
女という未知のものより、下級生に恋愛対象を求めるという、
なんとも不健全な世界が展開されるのですが、
さすがにファンタジーすぎるような気がします。

高杉晋作を題材にした諸作品は、
その激烈な生涯にスポットが当てられ、
ヒロイックな作風なものがほとんどで、
読者としても晋作の魅力に惹かれますが、
この作品が異色と云われる所以は、
晋作を汚しきったことにあるようです。
ヒロイックな晋作ではなく、
等身大の晋作を描くというものはありますが、
等身大以下の下衆い晋作を描いたというのは大変珍しい。
魅力は皆無、人によっては嫌悪感さえ与える晋作は、
なかなかいないのではないでしょうか?

この作品をイロモノとして読むのもよし、
パロディとして読むのもよし、
はたまたBL小説として読むのもよし、
ただ、この作品はそういう作品だよと、
理解してから読まないと、
僕の「聖闘士星矢」と同じ状態になってしまいます。

■関連記事■
「マイ・ディア・シンサク」今江祥智
 これも別の意味で異色。
「世に棲む日日(四)」司馬遼太郎
 司馬遼太郎の長編。長州藩の入門書??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。