鹿児島県鹿児島市 市内中心部

鹿児島に出張にいきました。出張ですので、昼間はお仕事。
仕事終わって17時頃から空いたので、
ホテルの人に城山に歩いて登れるかと聞くと「それは無理!」とのこと・・。

うーん。
せっかくの薩摩ですから、西郷隆盛の銅像だけでも見に行きますかと、
ホテルから歩いて城山方面に向かいます。

城山のふもとには、西郷の銅像をはじめ、鶴丸城島津斉彬を祀る照国神社等、
なんか色々あるようです。

商店街などを通り、15分ほど歩くと見えてきました城山です。
うわ~登ってみたいなあ・・・。

でもまあ、これは歩いて登るのは不可能・・。
仕方ないので、まずは照国神社へ。

ほほう。島津の「丸に十字」の紋が賽銭箱に堂々としるされていますね。
ここは東照宮があった地だそうですが、
徳川を祭った神社を廃止して建てたということですか・・。
元治元年にそれをするとはすごいですね。

境内には、斉彬、久光、忠義の銅像がありました。


島津斉彬像


島津久光像


島津忠義像

次は北東に歩いてお目当ての西郷の銅像へ。
その前に面白いものを見つけました。

さすが、桜島のお膝元。こんなのあるんですね。

少し歩くとありました!西郷隆盛銅像!
上野の西郷さんは着流しですが、こちらは軍服を着ています。

でも、本来なら東京の西郷さんは軍服で、
鹿児島の西郷さんは私服ってのが本来のスタイルなんでしょうけどね。

西郷さんと向かい合うように、小松帯刀の銅像があります。

なんだか体型のバランスが悪いようですが、
まあ当時の日本人ってこんな感じだったのかな?

さらに北東へ歩くと、島津家の牙城「鶴丸城」が見えてきます。
現在は、歴史資料センターになっているようです。

しかし、ここは城と言っても戦闘要塞ではないようですねぇ。
実際に攻めてこられたら簡単に落ちそうです。
これは太平の世の城ですね。
西南戦争末期に西郷軍が、城ではなく城山に立てこもったのは、
そういう理由だったのかも知れませんね。

この中には、篤姫の銅像もありました。

さらに北西には、私学校跡がありますが、
現在、ここは鹿児島医療センターとなっております。

意外と満喫できた徒歩の旅でした。
次に鹿児島に来たときは、どうにか城山に登るぞ!

■関連記事■
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 後年、鹿児島に来た際、鶴丸城等に再訪。
鹿児島県鹿児島市 城山~南洲墓地
 後日、城山に登った時の記事。
溶岩に埋もれた薩摩藩の造船所
 当時の桜島は、現在のような陸続きではありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。