周防大島町 大島(屋代島)

山口県南東部に位置する周防大島は、
瀬戸内海の浮かぶ島々の中で3番目に大きく、
※1番は淡路島、2番は小豆島。
島内には約1万7千人が暮らしています。
正式名は屋代島ですがそう呼ぶ人は殆どおらず、
大島」又は「周防大島」と呼ばれ、
自治体名も周防大島町となっています。


周防大島(屋代島)」。
実際に屋代島なんて呼ぶ人はいるのだろうか?
「大島」は「日本書紀」や「古事記」にも記載され、
古来より定着する名称でしたが、
屋代島という名称の由来がわからない。
島西部の字が屋代なので、
多分国土地理院が区別の為に命名したのでしょう。


大島大橋」。
国道であるこの橋も大島の名称を使用。
誰一人「屋代島」と呼ぶつもりは無い様子。
大島はこの橋1本で繋がっており、
島内への送水もこの橋の送水管で行われています。
ですが2018年の貨物船衝突事故で送水管が損傷。
復旧に1ヶ月以上掛かったようで、
その間、家庭への給水が止まってしまいました。
現在は復旧し元通りに戻っていますが、
その間の島民の暮らしは大変だったようです。


石風呂」。
石風呂は石積や岩窟を使った熱気浴施設で、
の中で薪などを燃やした後、
海水に濡れた海藻を敷いてその中で温まるという、
瀬戸内海沿岸に広く分布した入浴法との事。
大島には石風呂が多く残されており、
実際に入浴体験できるところもあります。
ここは地家室にある石風呂。


シーボルト上陸の地」。
大島にはシーボルトも上陸しています。
文政9年3月4日。江戸参府の途中で、
大島の牛ヶ首に上陸しました。
※たぶん船の潮・風待ち。
シーボルトは動植物の観察や、
対岸の島々をスケッチしたようです。

大島の産業は漁業の他、みかん栽培が盛んで、
山口県産みかんの約90%が周防大島産という。
そのみかんを使った名物が「みかん鍋」。

※スオウオオシマドットコムより。
僕も食べた事は無いのですが、是非とも食べてみたい。
写真を見ても全く味の想像できませんね。
11月~3月末の冬限定の名物との事。

温暖な気候、美しく変化に富んだ地形、
美しい海と魅力たっぷりの大島ですが、
この島が幕長戦争の舞台となり、
幕府軍の砲撃を受けて島は一時占領されました。
次回より大島戦争等の大島の幕末史跡を巡ってみます。

■関連記事■
大島戦争(大島口の戦い)①//
 幕長戦争で長州藩領を侵略された唯一の戦い。
山口県柳井市 白壁の町並み
 対岸の柳井市の観光名所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。