山口県山口市 木戸神社

山口市にいる知り合いが、遠くに転勤してしまうということで、会いに行きました。
僕の会社は出張はあるけど転勤がありません。
大変だなと思いつつも、うらやましい気もします。

さて、山口市にせっかくきたのに、史跡の一つもまわらなければ男がすたる(?)。
ということで、今回は糸米にある木戸神社に行ってみました。


文武両道の神と書かれていますね。
木戸神社は、名前のとおり木戸孝允桂小五郎)を祭神としています。


木戸は臨終にあたり、この糸米にある自分の旧宅や山林を糸米の村民に寄付し、
子弟の学資に充てるよう遺言しました。
木戸の嗣子正二郎は、山口県令関口隆吉に寄託して村民に与えました。
糸米の村民はそれを公債証書600円に換え、
その利子を糸米村の五十余戸の子弟の学費にしたそうです。
糸米の人々は大変感謝し、木戸邸の隣に社を建てました。


額束を3つ持つ非常に珍しい形態の鳥居
とても低く、背の高い人なら頭がぶつかってしまいますね。


木戸公恩徳碑」。
横に説明板が建てられてます。
全国の顕彰碑にこういう親切な「説明書」がつけられることを願います。


維新三傑の一人にしては、とても小さな無人の神社。
木戸は維新後、諸隊の氾濫分子を力で押さえつけ、
山口の人々から人気がありませんでした。
木戸を祀ろうと思ったのは、この糸米の村民くらいだったのでしょう。


神社の隣には「木戸孝允旧邸址」があります。


今は庭のみ残っているようです。建物もありましたが、
普通(とはいえ立派な)の民家のようです。


彼岸花がちらほら咲いていました。もう秋ですね。

長州藩の藩庁を、不便な萩から山口政事堂に移したとき、
桂小五郎も居をこの糸米に構えて、山口政事堂に通ったようです。
神社は小さくささやかですが、地元の運営により、
毎年4月に春季例大祭(木戸孝允公奉賛春祭・勧学祭)が行なわれているそうです。

維新三傑の一人。剣豪にして逃げの小五郎
幕府や新選組が追い求め、坂本龍馬西郷隆盛ら名だたる英傑に並ぶ、
木戸孝允(桂小五郎)の、地元での過小評価ぶりに、
他県から観光に来た観光客は、驚かれるんじゃないでしょうか?

■関連記事■
京都府京都市 京都霊山護國神社①
 木戸の神道碑および墓所があります。
木戸孝允が紙幣の肖像に・・・?
 実は木戸の肖像がお札になってたりします。
山口市 鋭武隊士今井六郎の墓
 木戸は脱退騒動を直接指揮を取って鎮圧。これが不人気の理由。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。