田中河内介と怪談

但馬の医師小森正造の次男として生まれた小森賢次郎は、
幼少から秀才として知られ、武芸にも秀でていました。



天保6年に儒学者志して上京し、天保11年に中山忠能に召抱えられます。
その後、中山家の家臣田中近江介の養子となり田中河内介と名乗り、
中山家の庶務を取り仕切って中山忠愛忠光の教育係も務めました。

孝明天皇の子を宿していた忠能の娘中山慶子の出産の際には、
御産殿建設を指揮し、生まれた祐宮(後の明治天皇)の教育係も務め、
安政3年に祐宮が皇居に入った後に中山家を辞して隠居。
その後は勤皇志士と交わるようになっています。
※久留米の中村貞太郎真木和泉、庄内浪人清河八郎などと交友。

薩摩藩の志士らとも親交し、同志達と寺田屋に集まりますが、
それを知った島津久光の使者が暴発を止める為に派遣され、
志士と使者の押問答は刃物沙汰へと発展。
結局7名の死亡、3名の重傷者を出す結果となっています。
残った者は投降し、引き取り先のある藩士は国許に返されました。

隠居の身であった田中河内介やその他引き取り手のない浪人は、
薩摩藩が預かる事になり、大阪で薩摩藩の船に乗る。
しかし薩摩藩は彼らを船内で殺すつもりでした。

結局、田中河内介とその息子と甥、同行した浪人達は、
薩摩藩士に斬殺されてしまいます。
田中らの遺体は海に捨てられ、流れ着いた小豆島で埋葬されます。
これが世に云う「寺田屋事件騒動)」。

さて、その田中河内介にまつわる怪談が残されています。
「寺田屋事件」の後、田中河内介がどうなったのかを語ると、
語った者に不幸が降りかかるという噂が、
どこからともなく聞こえてきたという。

大正初期。ある屋敷で何人かが集まり怪談話を興じていると、
一人の見慣れない男が入ってきた。
その集まりには小説家の泉鏡花や、
歌舞伎役者の市川猿之助がいました。

男は自分も話に参加させてくれと言い、
田中河内介の死にまつわる話をするという。
男が語ると一同は興味深そうにそれに聞き入ったが、
いつまで経っても男は本題に入ろうとしない。
語り始めるといつのまにか最初に戻ってしまう。
延々と繰り返される話に皆飽きてしまい、
一人、二人と少しずつ席を立つものが現れました。
いつしか部屋はその男と話を聞く一人の男だけとなります。

二人きりになっても、話を延々に繰り返す男。
最後の一人は急に自分も用を足したくなり、
この男に気味が悪くなったせいもあって、
そろそろ誰か帰ってくるだろうと男に断って用を足しに行く。
数秒後、別の一人が帰って来ると、
男はうつぶせになって死んでいた。
皆が一斉に席を外していたその僅かな時間の間に、
何の外傷もなく男は死んでしまっていたという。
結局、田中河内介の最期は語られることはありませんでした。

男は誰もいなくなった後、本題を話してしまったのでしょうか?

維新後に明治天皇は幼少の頃の養育係であった河内介を思い出し
田中河内介はいかがいたしたか」と臣下に尋ねました。
誰も答えられないでいると、寺田屋事件の当事者小河一敏が進み出て、
元薩摩藩士らを見ながら「ここにおられる某君等が指図して、
薩摩へ護送の際に刺殺され、非業の死を遂げました
」と答たという。
この小河一敏には不幸が降りかからなかったようですね。

■関連記事■
中山忠光の幽霊
 中山忠光は暗殺後、幽霊となって現れました。
民話「あかずの扉」
 長府に伝わる怪談。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。