中山忠光の幽霊

調べれば調べるほど面白いトンデモ公卿中山忠光
失踪するわ、台場造りに参加するわ、
挙兵するわ、潜伏中抜け出すわ、
色々とやんちゃしまくっているわけですが、
死んでもなお「化けて出る」やんちゃぶりを発揮しています。


中山忠光

明治の終わり頃の事。
安岡大浦に東権郎という正直者の漁師がいました。
権郎が
スズキを釣るために、綾羅木の黒岬鼻沖で漁をしていると、
いつの間にか
貴公子のような立派な若武者が舟に乗っおり、
小六連(六連島の隣りの馬島の事)までつれて行ってくれと言った。
権郎は承諾して島まで送ります。

島に上陸した若武者はしばらく待ってくれと言い残し、
一人で歩いて島の奥に向かいますが、間もなくして戻ってきました。
彼は「
すまぬがいっしょに行ってくれ」というので、
一緒について行くと
一軒の小屋に着きます。
彼は小屋の戸口にはってある
お札をはいでくれと権郎に頼み、
権郎がそれをはがすと先に舟に帰って待っていてくれと言いました。

権郎は舟に戻りしばらく待っていると、
彼は
血のしたたる生首をさげてもどってきたので、
びっくりしてどうしたのかと聞くと、
私はこやつの為に殺された中山忠光である。
いま仇を討ってきたのだ」と彼は答え、
舟をもどしてくれ言うので、恐る恐る黒岬鼻の岸までもどしました。

彼はお礼をしたいので望みのものを申せといいます。
権郎は「
漁師なのでスズキさえたくさん釣れれば幸せ」と言うと、
彼は海が黒ずんだところを指さして「
あそこで釣るとよい」と告げ、
生首をさげて松林の中へ消えて行きました。

その教えられた場所は、平常は全く釣れぬところであったが、
釣り糸を垂らすと
入れ食い状態で、
瞬く間に釣りあげたスズキでいっぱいになってしまいました。
権郎は喜んで帰りましたが、家にたどり着くと疲れて眠ってしまいます。

次の日、目を覚ました権郎は、家族に昨日の自分の様子を尋ねました。
すると女房は「
昼日から釣りもせんで綾羅木と小六連を往復しとった。
浜で皆がお前さんの行動を不審に思い見守っているうちに、
たくさんのスズキを持って帰ってきた
」という。
権郎は昨日の不思議な出来事を皆にくわしく話し、
沢山釣れたスズキを売って大金を手にいれ、

暮らしが良くなり幸せに暮らしましたとさ。

・・・と、こういう話が地元で伝わっています。
幽霊になっても行動的な忠光君ですが、血のしたたる生首を持ってくるのは、
なかなかスプラッターなお話です。
暗殺犯が小六連に潜伏していたという事なんでしょうが、
お札の貼られた家に潜伏していたってのはどういう事でしょうね。
潜伏していた暗殺犯も、幽霊の襲撃を予想していたということ?
何度か襲撃に失敗しているのかもしれませんね。

■関連記事■
下関市福江 福永正介墓(中山忠光暗殺実行犯?)
 幽霊に殺されたのは彼とも云われています。
中山忠光①
 下関に潜伏する前の忠光。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。