下関市豊浦町室津 観音院

明治天皇の叔父で天誅組の主将でもあった中山忠光
幕吏から逃れるため。北浦街道を転住しています。

今回は、元治元年8月下旬に潜伏した、
観音院を訪問致しました。

豊浦町室津上周辺(観音院の場所)
吉母浦と室津浦を結ぶ県道245号線より、
細道に入ったところにあります。


山道を行くと梅林があり、
春には花を咲かせている事でしょうが、
残念ながら訪問時は冬。


観音院 本堂」。
昔は西側に1km近く登った場所にあったようです。
廃校となった中学校跡地に移転したとの事。
つまり中山忠光が潜伏したのは、
この場所ではないという事ですね。


西側1km近くとは赤丸で囲んだあたりですが、
遺構は全くありません。
赤丸内に当時の観音院があり、
そこに潜伏していたという事になりますね。


観音院には長府毛利家の家紋がありますので、
長府藩の保護を受けていたようです。
中山忠光の潜伏は、長府藩の主導で行われており、
潜伏先のひとつとして選ばれたのでしょう。

中山はここを出た後、
田耕の庄屋大田新右衛門邸に移動しています。

■関連記事■
中山忠光①
 下関に潜伏する前の忠光。
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。