下関市豊北町田耕 夜討峠

中山忠光は北浦逃避行の末、
田耕長府藩士によって殺されました。
彼らは忠光の遺骸を一時ここに埋め、
その後、血染の衣を埋めたとされる場所があります。

それが今回訪問した夜討峠

豊北町田耕周辺(夜討峠の案内板の場所)
※今回目指す石碑の場所は山中なので、
 正確な場所はわかりません。



夜討峠」案内板。
県道270号線沿いの案内板。
個人宅の庭を通って行かなければならないようです。
ご挨拶しようと思いましたが留守のようでした。


小川沿いの道を進みます。


川沿いに続く山道がありましたが、
そちらではなく登り道の方にあります。
※はじめ間違えて川沿いを進んでしまいました。


少し登ると石碑が現れます。


故侍従中山忠光古蹟」。
暗殺者達は絞殺した中山忠光の遺骸を、
一旦ここに埋めて指示を待ちますが、
この場所では適切ではないと掘り返して、
夜のうちに綾羅木まで運びました。
代わりに血で染められた衣類を埋めたとされています。
絞殺したのに血染めは変ですが、殺害の際にもみ合ったり、
岩場に落ちたりしたとのことですから、その血でしょうか?
暗殺現場である田耕の中山神社にも、
血染めの岩」がありますので(記事はこちら)、
何らかの血は付いていたのでしょう。

■関連記事■
中山忠光①
 下関に潜伏する前の忠光。
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。