下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地

天誅組の変で敗れた中山忠光は、
天誅組の生き残りと共に長州に逃れました。
長州藩は忠光の身柄を長府藩へ預けて保護します。

忠光は天誅組の主将として完全なお尋ね者であった為、
保護するために潜伏させる必要がありました。

そこで長府藩が選んだ潜伏地は、藩所領の延行村
延行という地名は現在も使われています。

下関に住んでいる僕でも知りませんでしたが、
それもそのはず延行は綾羅木、
新下関の間にある民家の少ない田園地帯です。

下関北運動公園の裏手(南側)の細道を行くと、
中山忠光が始めに潜伏した場所があります。

綾羅木川北側の綾羅木・延行の田園風景は、
旧市内では珍しい光景です。

下関第二球場の真南の位置に潜伏地がありました。

中山忠光朝臣隠棲之地」。
この場所に6帖、4.5帖と土間という、
わずか10坪足らずの粗末な家があり、
そこを隠棲の地として長府藩にあてがわれました。
ここに文久4年1月4日から、
元治元年7月1日の約6カ月ほど潜伏しています。
(文久4年と元治元年は同じ年)
潜伏地とはいえ、殆ど座敷牢のような状態だったようで、
羽林家の家格の子である忠光には辛い日々だったのでは?

とはいえ、何度もここを抜け出して下関へ行ったりしては、
従者を困らせていたという話もありまし、
恩地とみが侍女として派遣されたのもこの時期からでした。
※恩地とみは後に忠光の子仲子を産みます。


碑の前には小さな井戸がありますが、
これは当時の家屋にあったものです。

約6か月の潜伏の後、
湯玉、上畑、田耕、黒井、宇賀、川棚と転々とし、
再び田耕で潜伏。そこで長府藩士に殺されてしまいます。

赤穂浪士の件でもそうですが、どうも長府藩というのは、
人を預かる時の待遇が酷いようですね。
※赤穂浪士の一部を預かった長府藩は、
 初め罪人として浪士達を扱い、
 他藩に比べて浪士達の待遇が悪いことを、
 世間に非難されて待遇を改めた。

跳ねっ返りの公卿の保護に手が余り、
殺してしまうという暴挙を犯した長府藩は、
忠光の死をこの延行の地での病死とし、
この地に近い綾羅木の浜に埋葬しています。
暗殺はもちろんの事、
住居を転々とさせたことも隠しました。

忠光を暗殺した理由は謎ですが、
長府藩の俗論派が幕府への恭順の証として、
忠光を殺して亡骸を幕府方に渡そうとしたとされます。

しかしその死からわずか2ヶ月後には、
高杉晋作のクーデターにより、
正義派政権が誕生していることを考えると、
皮肉としか言いようがありませんね。

■関連記事■
中山忠光①
 下関に潜伏する前の忠光。
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。