下関市豊北町田耕 本宮中山神社

中山忠光を祀る中山神社は、
お墓のある綾羅木の中山神社のほかにもう一つあります。
それが今回ご紹介する豊北町の本宮中山神社です。

中山忠光は、尊皇攘夷派公卿の急先鋒で、
光明寺党の党首として下関で外国船砲撃に参加したり、
天誅組の大将として天誅組の変を起こし、
天誅組壊滅後は、長州に逃れて長府藩に匿われでいました。

しかし、禁門の変第一次長州征伐で俗論派が台頭すると、
潜伏先である豊浦郡田耕村の川原で、殺されてしまいます。
その中山忠光が殺された場所がこの本宮中山神社の周辺。

田園風景から谷に入って川沿いの道にありました。
とても小さな神社です。
何故かメタリックな銀色の鳥居ですね・・・・。

鳥居の先はいい雰囲気の橋です。

橋の下は小川が流れています。
綺麗な水でサワガニやハヤが見えました。
こういう川大好きです。

小さな本堂も何故かメタリック・・・・
地元の管理者の趣味でしょうか??

本堂の横に「中山忠光朝臣遭難之處」の碑があります。

「中山忠光朝臣遭難之處」の碑のすぐ下に
血染めの岩」と書かれた碑がありました。
ここで殺されたのでしょう・・・。
吉村虎太郎久坂玄瑞ら過激派に担がれた若干20歳の公卿は、
京都から遠く離れた山奥で命を奪われたのです。

近くに「大田新右衛門旧宅」という忠光の潜伏地があります。
今も人が住んでいるようです。

帰りになんと鹿がいました。
僕の車を見るなり逃げ出しました。
こんな昼間っから鹿が道を歩いてるとは・・・・。
まあ潜伏するようなところですから、
鹿がいてもおかしくないかもしれませんね。

水も空気も緑もとても綺麗で、自然が素敵な場所でしたが、
京都の雅なところで育った中山忠光は、
この場所をお気に召したのでしょうかね?

■関連記事■
中山忠光①
 下関に潜伏する前の忠光。
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。