天誅組以前の中山忠光①

①/////

ブログで何度も取り上げている中山忠光
このハチャメチャ公卿の前半生について。

中山忠光は、羽林家中山家の当主中山忠能の五男。
長男の中山忠愛の養子となっていますが、
これは継嗣に選ばれたというよりも、
御方料という扶養手当のようなものを、
貰うためだったようです。

中山家には「不吉の間」と呼ばれる部屋があって、
そこで起居すると凶事にあうと伝えられており、
誰もその部屋には近づかなかったのですが、
忠光は意に介さずその部屋で寝起きしていました。
母の愛子(平戸藩主松浦清の娘)が心配して、
祈祷を頼もうとしますが、忠光はこれを断っています。
※最終的に忠光は凶事にあうわけで、
 「不吉の間」の言い伝えは当たっていた事になります。

慶子孝明天皇の御手付きにより妊娠し、
実家の中山家で祐宮を出産。
5歳まで中山家で育てられていた為に、
忠光は幼き祐宮を可愛がっています。
また、祐宮が御所へ移った後も、
忠光は侍従として宮中に出仕しており、
そこでも遊び相手になっていました。
祐宮とはもちろん後の明治天皇の事で、
忠光は明治天皇にとっては、
幼い頃に遊んでくれたおにいちゃんであったようです。

父の忠能は攘夷派の公卿で「廷臣八十八卿列参事件」では、
その筆頭となって日米修好通商条約締結に反対しています。
尊攘志士が来訪すると彼らの意見をよく聞き、
時には酒食を持ってもてなす事もあったという。
その対面には忠光も傍らに座らせていたようです。
忠光の攘夷思想には、父の忠能が大きく関わっていました。

また、中山家家臣田中河内介も、
忠光の思想に影響を与えています。
田中は背が高く、髪が長く、
刀が長いという「三長」というあだ名があり、
その長い刀は徳川家にあだなす「村正」であったとも。

彼も祐宮の世話をしていたようで、維新後に明治天皇は、
田中河内介はいかがしたのか?」と尋ねられたといい、
薩摩藩によって殺されたと聞いて嘆いたとされます。
忠光ら中山家の子息の教育を行ったあと、
中山家を辞して浪士となりますが、寺田屋事件に遭遇し、
薩摩へ送られる途中に船上で惨殺されています。
※忠光にまつわる怪談が残っていますが、
 田中にまつわる怪談(記事はこちら)も残されています。

そして、やはり中山邸に訪れる志士達の話も、
忠光の思想形成にとって重要な要素でした。

長州の久坂玄瑞と土佐の吉村寅太郎は、
それぞれ光明寺党と天誅組の盟主に祀り上げていますが、
2人とも中山邸を訪れていた志士らでした。
彼らの激しい思想に感化されたのは間違いないでしょう。

つづく。
①/////

■関連記事■
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。