天誅組以前の中山忠光⑤

////⑤/

攘夷の魁たる長州藩が、
 外国製の軍艦や武器を買うとは何事か!
 そんなものは打ち壊してしまえ!
」。

中山忠光は、長州藩の軍備が洋式化することに激怒。
高性能の武器を揃える事は当たり前で、
言っている事は無茶苦茶なのですが、
藩の重臣達がどう説明しても納得しない。
とうとう藩主毛利慶親にも掛け合う事になるですが、
外国製の武器を打ち壊せなど聞けるわけの無い話。
慶親は丁重にお断りしています。

萩に入って3日後、立腹した忠光は下関に向かいました。
供は藩より接待役に任命されている宮城彦助楢崎八十槌
宮城は後に教法寺事件で切腹した人物です(記事はこちら)。

白石正一郎の許に、先触れの楢崎が忠光の来訪を告げ、
白石家には多くの要人や志士らが出入りしていましたが、
大納言の子息で元侍従の貴公子が来るというので、
白石も大慌てで座敷の掃除などの用意をしています。
そして現れたその貴公子は、
過激な志士らを相手にしてきた白石の想像を、
大きく超えるような過激さをいきなり発揮しました。

丁重なもてなしで忠光を迎え入れた白石は、
忠光と国事について夜まで議論した様ですが、
夜半八ツ過(午前2時過ぎ)」に長府へと向かいます。
自分の太刀は寝室に置いており、それを取りに行く暇もなく、
白石の刀と弟の廉作の短刀を借りて飛び出して行きました。

深夜に、しかも太刀を取りに行けないほど、
急いで出ていくのですから、ただ事ではないでしょう。
忠光の性格を考えれば、長府藩主に何らかを掛け合ったのか?
長府に行った忠光がどういう行動をとったのかわかりませんが、
白石家には戻らず、そのまま萩に帰ってしまいました。
おそらくそんな深夜に門を叩いても、応答が無いでしょうから、
立腹したまま萩へ帰ったのでしょう(宗家に言いつけてやる的な)。

萩に帰ってからの行動は、吉田松陰の墓を参った他は不明。
その後またすぐに下関の白石家に戻っています。
それから白石と供の者が、忠光の激情に振り回される日々。
議論の末に絶食し、なだめた末に機嫌が直ったと思ったら、
また怒り出して外へ飛び出していく。
これらの異常な行動に手を焼き、
萩滞在中に仕えた土屋矢之助という藩士を、
わざわざ下関まで呼んたりしています。
そうかと思うと、建設中の前田砲台(記事はこちら)に現れて、
一般の人夫にまじってモッコを担ぎ、朝から晩まで働きました。

それから萩に戻り、藩から丁重に持て成されますが、
すぐに下関に戻ってきます。
攘夷期限が迫り、下関で攘夷が決行されるという風評には、
忠光の性格上、じっとはしていられません。

つづく。
////⑤/

■関連記事■
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。