天誅組以前の中山忠光③

//③///

文久3年2月9日夜。
中山忠光は再び岩倉具視を斬ると言い出します。
攘夷期限の決定や朝廷の言路洞開
人材の登用三事が行われないのは、
岩倉具視らの妨害が原因だと思い込んでいる様子。

岩倉は昨年既に失脚しており、岩倉村で蟄居の身。
全くのデマなのですが、
何故か忠光は岩倉のせいだと思い込んでいます。
相当岩倉に憎悪しているのか、
岩倉を悪の化身のように考えている様子。

これに久坂玄瑞宮部鼎蔵
轟武兵衛は驚いて忠光を説得しますが、
全く聞く耳を持たず、今にも行動を起こそうとするので、
仕方なく一応承諾して忠光を中山邸に帰し、
すぐに武市半平太に相談して、
三事を近衛関白に建議しようということになります。

久坂、宮部、轟の3人は、
関白近衛忠煕邸を訪問し三事の実行を嘆願。
聞き入れられない場合は、この場で自刃すると論じます。
やがて三条西季知姉小路公知、そして当の忠光など、
13人の攘夷派公卿も近衛邸に駆けつけました。
これに関白も押しきられて奏上することになります。

その結果、一橋慶喜に攘夷期限の決定をせまり、
慶喜は松平春嶽山内容堂
松平容保らを招集して夜を徹して協議し、
夜明けになって「将軍帰府後20日」を、
攘夷期限とすることになりました。

またしても忠光の暴議(わがまま)から、
歴史的な重大事が決定されたわけです。
それ以降、攘夷派公卿によって朝廷が制圧され、
将軍の上洛前には賀茂行幸も決定されました。

賀茂行幸が盛大に行われ、忠光もこれに参加。
京都の政情は攘夷へと移行していくのですが、
その日から忠光の帰宅は遅くなり、
また攘夷派公卿や志士らが、
頻繁に中山家を訪問して慌ただしくなります。
そして3月19日。
突如として忠光は出奔してしまいました。

その理由には諸説があり、中川宮と激論を交わし、
抜刀して中川宮を追いかけた為に、
京を追われて出奔したという説。
自ら攘夷の魁とならんと、
大阪湾内の外国船への攻撃を模索する為、
麻耶山河内紀伊などに視察に行ったとする説。
そして長州藩が攘夷を実行する御旗とする為に、
忠光を誘い出したとする説があります。

とにかく忠光は4人の従者と共に大坂へ向かい、
偶然にも久坂玄瑞と入江九一に会います(出来過ぎ)。
久坂らと共に大坂の長州藩邸に入った忠光は、
大坂で攘夷の同志を募って決起するつもりであると語り、
久坂はそれを聞いて無謀だと論じ、
しかしながら京に帰ってもお咎めをうけるだろうから、
ひとまず長州に行ってみてはどうか」と提案すると、
忠光はその案を受け入れ、
入江と共に長州に渡った・・・ということです。

話が出来過ぎていますので、
久坂らと偶然出会った件、長州行きの件などは、
初めから計画されていた事でしょうね。
忠光の性格を考えると、
自ら長州行きを言い出した事も十分考えられますし、
長州も忠光のような錦旗が来てくれれば、
十分な大義名分となります。
死ぬかもしれない戦場で、しかも長州の片田舎になんて、
わざわざ赴いてくれる公卿なんて忠光以外にはいません。

そんなこんなで忠光は、長州へ向かいます。

つづく。
//③///

■関連記事■
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 川棚の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。