下関市福江 福永正介墓(中山忠光暗殺実行犯?)

中山忠光の暗殺に関しては諸説あります。

定説としては、「長府名勝旧宅址記」に記載される長府藩士内田与三郎
佐野正右衛門福山吉兵衛高田吉兵衛近木伴右衛門三浦市太郎
そして警護の名目で忠光に近づいた松村良太郎の7名。
※内田与三郎、近木伴右衛門については、抜けている文献あり。

このほか、野々村勘九郎(泉十郎)が、
別働隊を連れて襲撃したという説もあります。
その別働隊の中に、神陰流剣術と沿革流棒術の達人福永正介がいたという。
彼は長府藩の剣術と棒術の師範であったらしく、門人達の手で墓石が建てられました。
安岡地区の北側の福江という場所にその墓所があります。

国道191から福江八幡宮方向へ入る道を進み、
福江八幡宮を通り越して突き当りの北浦街道へ入ると堤が見えます。
それを北側に向かって100mほど行くと道沿いに小さな墓地が見えます。


神陰剣術十二世師 沿革流棒術九世師 福永正介墓」。
彼は忠光襲撃の際、向脛を棒で打ちはらい刈田に落としたという。
そこへ別の凶手数名が飛びかかり、抑え込んで絞殺します。
あくまで一つの説ではありますが・・・。

■関連記事■
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
謎の剣豪福永正介
 福永は福江の剣豪でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。