謎の剣豪福永正介

下関の福江という場所に福永正介という剣豪の墓がある。
墓石には、
神陰流剣術十二世師 沿革流棒術九世師 福永正介墓
と刻まれています(記事はこちら)。

道端で草刈りをしていた女を斬ったが、その女は死なず、
家に帰って水を汲むために屈んだら、首が落ちた
」。
そんなあり得ない逸話が残されています。

また、
立ち向かう相手に、畳を小柄で跳ね飛ばして攻撃を防いだ
攻撃を天井に飛び移って避けた
十数人を六尺棒一本で打ち据えた」など、
超人的な話もあります。
こういう話は、大概が弟子達の言う話なので、
過大に盛られているのでしょうが、
ある程度の弟子のいる剣術家にはそういう話がつきものです。

福永正介が他と違うのは、中山忠光の暗殺に関わっている事。
忠光暗殺の実行犯は、長府藩衣類方の六名とされてますが、
それとは別にこの福永と泉十郎(野々村勘九郎)が、
別働隊として参加したという説もあります。
泉は福永の介添え役として参加し、
福永がしくじった場合に手を出す役であったと。
※泉も剣豪でした。
福永は泉の手を煩わす事無く、棒で忠光の足を払って川に落とす。
そこで衣類方が川に押さえ込んで窒息させたという。
※貴人は刀で殺してはいけないとされていた。

福永は維新後、福江で農民として暮らしていましたが、
それほどの達人でありながら、
何かに怯えて暮らしたとされています。

■関連記事■
中山忠光の幽霊
 福永は中山忠光に呪い殺されたとも?
島田虎之助の追剥ぎ退治
 福永の門下と島田の門下は対立していたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。