中島名左衛門」タグアーカイブ

萩市 光福寺(中島名左衛門の墓)

萩市の街のはずれ、
椿地区の山の斜面に立つ光福寺
ここに下関で暗殺された長崎の砲術家、
中島名左衛門の墓があります。

中島は長州藩から砲術教授として招かれ、
藩主世子毛利定広と共に下関に赴き、
外国船を打ち払った後の砲台巡視を行いました。
竹崎の白石正一郎邸で戦術会議が行われ、
長府藩主毛利元周、総奉行の毛利宣次郎、… 続きを読む

下関市新地町 妙蓮寺(中島名左衛門の墓)

高杉東行終焉之地の向かいにある妙蓮寺に、
中島名左衛門の墓があります。
妙蓮寺は攘夷戦時に長州藩兵の宿舎となっていた場所でした。


妙蓮寺」。
妙蓮寺には、高杉東行終焉之地に出る東側の門と、
駐車場のある南側の門があります。

中島名左衛門は長崎出身の砲術家。
高島流砲術の創始者高島秋帆に学び、海防や砲術の専門家として知られ、
長州藩に招かれて砲術教授となりました。

下関にて外国船に砲撃を加えた長州藩では、
世子毛利定広続きを読む